bouncy
ABOUT US
Technology

アクターの動きを正確に捉えるモーションキャプチャ「Smartsuit Pro」

近年作成された映画やゲーム、アニメなどで多く取り入れられている技術、「モーションキャプチャ」。実際の人物や物体の動きをセンサーで測定し、デジタルに記録する技術のことで、耳にしたことがある人は多いだろう。

実際の人物の動きをそのままデジタルに取り入れることができるモーションキャプチャは、映像における表現力を飛躍的に進化させ、今や映像を作成する上で必要不可欠な存在となっている。おなじみの映画でも、きっとこの技術が使われているはずだ。

そんなモーションキャプチャの技術を、さらに進化させそうなのがデンマークの企業「Rokoko」が開発しているプロダクトだ。

専用スタジオやカメラは不要


「Rokoko」が開発した「Smartsuit Pro」は、動きやすい全身タイツに、ワイヤレスのセンサーを内蔵している。そのため、演技するモーションアクターの動きを正確に記録する際に、カメラや配線は一切必要ないという。

モーションキャプチャというと、大きなスタジオで複数のカメラを用意し、モーションアクターにはたくさんの配線をして撮影するという印象があるが、より自然でダイナミックな動きをキャプチャできそうだ。

使い方が非常に簡単なため、あらゆる人が使いこなすことができる。さらに、スーツの素材はフレキシブルで耐久性があり、サイズもS、M、Lとそろっている。

動きをリアルタイムで再生可能

さらに注目すべきは、キャプチャした映像を「リアルタイム」で変換できることだ。「Smartsuit Pro」を着て、好きなように動くだけで、パソコンのソフトウェア上で、ほぼタイムラグなく動きを再現できる。

さらに、そのデータをキャラクターなどに変換もできるため、例えば、映画の有名キャラクターをリアルタイムに演じるようなことも可能だ。

「Smartsuit Pro」がもたらす可能性

「Smartsuit Pro」だけで、モーションキャプチャが可能になると、撮影の現場ではどのような可能性が考えられるだろうか。

まず、わずらわしい配線などがないので、スーツアクターの表現の幅は格段に広がるはずだ。また、スタジオではなく屋外での撮影も可能になるので、ロケーションのバリエーションも増えるだろう。これによって、これまでにないダイナミックな映像や、繊細な表現が可能になる。

また「表現」の面だけでなく、撮影時間の短縮や、スタジオやカメラにかかっていたコストなど、「費用」の面でも大幅に節約できそうだ。

撮影技術の進化とともに、新しい表現を獲得してきた映画をはじめとする映像芸術。この「Smartsuit Pro」がもたらすテクノロジーは、今後どのような映像となって、私たちを驚かせてくれるのだろうか?

Smartsuit Pro
Rokoko

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...