bouncy
ABOUT US
Products

自宅を警備巡回するストームトルーパー型ロボット「First Order Stormtrooper」レビュー

買える?

映画「スター・ウォーズ」に登場する帝国軍のクローン兵士ストームトルーパーを再現したロボット「First Order Stormtrooper」は、DMM.make ROBOTSAmazon、および家電量販店などで税込42,984円で購入可能。

操作に必要な専用アプリは、iOS・Android向けに無料で提供されている。

もっと詳しく

「First Order Stormtrooper」の製作元はSTEM教育用のロボットなどを開発するUBTECH Robotics。実物よりも頭部を大きくデフォルメしたかわいさのあるデザインで、188mm×奥行116mm×高さ285mmのコンパクトな躯体の中に、様々な機能を搭載したロボットとなっている。

ボイスコマンド(音声認識)

「前進」「左」といった音声コマンドを認識し、ストームトルーパーを操作することが可能。日本語での音声操作に対応しているが、ストームトルーパーの返答は英語になるようだ。

顔認識

頭部にカメラを内蔵しているため、アプリから顔をスキャンしておけば、最大4人までの「コマンダー」の顔を識別できるようになっている。

巡回パトロール

指定したエリアを巡回させ、自宅に怪しい人物がいないか警備させることが可能。登録していない人物に遭遇すると、警告を発する。登録していない人物でも、設定しておいた合い言葉を正しく伝えれば、「問題なし」として警備を続行する。

AR没入体験

アプリからレジスタンスと戦うミッションを選択すれば、ストームトルーパーの視点をカメラで中継できる。アプリの画面にARっぽく表示して、レジスタンスと交戦したり、オービタル・ストライクを要請したりと、コマンダー気分で指令を送れるのだ。

アクションモード

ストームトルーパーの一連の動作をアプリで操作できるアクションモードも搭載。歩かせる、顔を動かす、しゃべらせるなど、自由にストームトルーパーを操作して遊べるようになっている。

レビュー

実物で遊んでみたところ、二足歩行で歩いたり、しゃべったりするストームトルーパーは非常にキュート。アプリとロボットを接続すると、指令通りに動いてくれる。

巡回パトロールではエリアとチェックポイント、「JAKKU」などのパスワードを設定し、ポイントごとに周囲を見回して怪しい人物がいないかチェックしてくれる。登録していない人物を見つけると「パスワードを言え!」と話し、間違えると「今すぐここを立ち去れ!」と警告し、自宅の安全を守ってくれるのだ。

可動部位は首、肩、肘、手首、股、ひざ、足首で、すり足のような感じだが二足歩行で移動する。アプリからアクションを行わせたり、歩かせたりすると、「カワイイ」と感じさせる。カメラがついているためか、顔を動かして顔を自分に向けると、本当に目が合っているような気がするほどだ。

なお、足の裏にセンサーを搭載しているため、段差があると「前進」と命令していても歩みを止めて落ちないようになっている。クローン兵士ながら、自身に危険が迫ると「命令違反」を行うようだ。

スター・ウォーズのファンなら動くストームトルーパーを見ているだけで、ワクワクしてしまうロボット。留守中の自宅の安全は、ストームトルーパー型ロボットに任せてみてはどうだろうか?

First Order Stormtrooper
UBTECH Robotics

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP