bouncy
ABOUT US
Transportation

1920年代イタリアの名車をモチーフにした空飛ぶ車「HOVER COUPE」

イタリアのLazzarini Design社が発表した、レトロカー風にデザインした空飛ぶ車のコンセプト「HOVER COUPE」。古き良き時代の名車のデザインを、最先端テクノロジーを駆使した未来の空飛ぶ車へと昇華したコンセプトモデルだ。

イタリアの名車イソッタ・フラスキーニ「ティーポ8」がモチーフ

1920年代に一世を風靡したイタリアの名車イソッタ・フラスキーニ「ティーポ8」をモチーフにした「HOVER COUPE」。同車のキュートかつクールな美しいデザインを受け継ぎ、レトロな味わいと最先端のテクノロジーを融合して設計するという。

最高時速550kmで自由に飛行

「HOVER COUPE」が目指すのは、4基のタービンエンジンにより宙に浮き、最高時速550kmで自由に飛行する空飛ぶ車。タイヤが装着されていないため、道路を走行する際には地面からわずかに浮き上がって移動するホバークラフトのようなスタイルを採用するようだ。

レトロな味わいを乗せた未来の車が、空を飛ぶ日がくるかも?

HOVER COUPE
Lazzarini Design

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP