bouncy
ABOUT US
Products

スマホからワンタップでゴージャスな夕食が調理できる「Suvie」

忙しい現代人にとって、食材を買って調理し、それらを片付ける時間を確保するのはあまりにも難しい。そんな悩みを解決すべく、クラウドファンディングサイトのKickstarterにはスマホから簡単に美味しそうな夕食が調理できる「Suvie」が登場している。

プロジェクトはすでに資金調達に成功しており、現時点では479ドル(約5万2000円)の出資で1台が入手可能。製品の出荷時期は2018年12月を予定している。

スマホかららくらく調理を開始

オーブンレンジのような形をした「Suvie」の内部には肉用や野菜用、パスタ/ライス用、ソース用の4つのトレーが用意されている。内部にはヒーターが搭載されており、本体サイドのトレーから補給される水を利用して野菜や肉を解凍しつつスチームやグリルで調理し、同時にパスタやライスを茹でながらソースを温めるのだ。

調理の指示は本体のボタンからだけでなく、スマホアプリからでも可能。あらかじめ料理ができあがる時間を設定しておいたり、あるいは外出先から簡単に調理が指示できる。仕事が忙しく帰宅時間がバラバラな人には、実にありがたい機能だろう。

食材は毎週届くので買い物いらず

さらに、「Suvie」は買い物の手間からも我々を開放してくれる。調理する食材は毎週自宅に冷凍状態で配送され、食材の種類は自分で選択可能。メニューは1000種類以上のオプションのカスタマイズが可能だという。さらに食材のパッケージにはチップが組み込まれており、「Suvie」にかざすだけで最適な調理時間が登録される。なおソースはシェフが開発しており、配送される食材だけでなく自分の好みの野菜も調理できる。

「Suvie」の開発には、もともとAppleのエンジニアだったケビン・インテルビア(Kevin Incorvia)氏も参加している。私達と同じように開発メンバーも新鮮な食材を使った健康的な食事をしたいと願っていたが、その時間がなかったそうだ。そこで自分だけでなく家族にも素晴らしい食事を提供したいと思い、「Suvie」が開発された。

・ ・ ・

スマートフォンからワンタップで夕食が調理できる「Suvie」。調理時間が短縮できれば、もう一品、手作りのおかずを作っても良いし、空いた時間で家族とコミュニケーションする時間が増えるかも?

Suvie
Home Tech Innovation

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP