bouncy
ABOUT US
Technology

「感情」を読み取る次世代のVRヘッドセット「LooxidVR」

「CES2018」でBest of Innovationを受賞した、ユーザーの感情を判別できる次世代のVRヘッドセット「LooxidVR」。視線や脳波の動きを計測し、独自のアルゴリズムを用いてヘッドセットをはめているユーザーの感情を判別できる最先端のVRデバイスだ。今年の夏に公式サイトにて開発者向けにプレオーダーを開始する予定。

脳波と視線の動きからユーザーの感情を判別

上部に脳波を計測するセンサー、中央部にアイトラッキングカメラをそれぞれ搭載した「LooxidVR」。このセンサーとカメラが脳波と視線の動きを計測し、感情にまつわる様々なデータを独自のアルゴリズムで分析する仕組みだ。

分析結果から「嬉しい・悲しい」や「興奮・消沈」などの感情が判別可能となり、様々なシーンでユーザーがどのような感情を抱いているのかを知ることができる。

医療や教育など様々な分野で活用可能

開発元のLooxid Labsは、コンシューマー向けの製品開発よりも研究・開発に主軸を置いており、「LooxidVR」も研究者や開発者に向けたヘッドセットだ。

たとえば医療分野では、痛みを伴う治療やマッサージなどの理学療法時に、患者の感情を計測することによって治療プロセスの改善に活用できるだろう。教育分野では、生徒が課題のどの部分で困惑するかを判別し、個々の生徒に応じた教育プログラムの提供に役立てることができるなど、今後様々な分野での活用が期待されている。

人の心とつながり、VRは新たなステージへ?

LooxidVR
looxidlabs

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP