bouncy
ABOUT US
Technology

なぞるだけで数秒で水質をスキャンできる「TestDrop Pro」

海外では安心して水道水が飲めない地域も多いと聞く。またアウトドアの際にも、川や湖の水が飲めるかどうかが知りたい場合もあるだろう。そんなときに役立ちそうなのが、水が入ったカップをスキャンするだけで安全性が確認できるガジェット「TestDrop Pro」だ。

「TestDrop Pro」はLishtotの公式サイトにて、1つ49.95ドル(約5400円)で販売されている。またショッピングカートでは日本への配送も選択できた。

小さな本体ながら精密検査が可能

手のひらに収まってしまうほど小さな「TestDrop Pro」。しかし本体ボタンを押しながら透明なコップやグラスの中の水をスキャンすることで、数秒で鉛や大腸菌、農薬、そして最近問題になってるPFOA(有機フッ素化合物)などの化学物質が検知できる。赤のランプが点灯すれば危険、ブルーのランプなら安全だ。

スキャン可能なのは水道水から販売されているボトルの水、河川や小川の水など3種類。さらにスマホアプリとBluetooth経由で連携させることで、Lishtotが提供する「グローバル・ウォーター・マップ」にデータをアップロードし、過去のスキャンデータや動画、写真、コメントを参照することも可能だ。

私たちの水の安全が脅かされている

「TestDrop Pro」は老朽化するインフラや鉛の混入、化学物質の河川への混入などによる、目に見えない飲料水の問題に対処するために開発された。通常我々は飲料水のクオリティを知ることができないが、本製品を使えばその安全性が簡単に知ることができるのだ。

・ ・ ・

日本では実感しづらいが、安全な水が手に入らないという状態は生活基盤さえ揺るがしかねない。日常生活だけでなく海外旅行や出張の際、万が一飲料水に不安を覚えたら、「TestDrop Pro」でテストしてみるのもいいだろう。

TestDrop Pro
Lishtot

RECOMMEND

PICK UP

NEW ARTICLES