bouncy
ABOUT US
Technology

スマホの指紋認証はやっぱりスゴイ。仕組みやリスクを調べてみた

スマートフォンのロック解除やオフィスの入退室管理で、指紋認証を用いているという人は多いのではないだろうか。特に、iPhone5s以降の機種に指紋認証が実装されたことで、指紋認証が広く利用されるようになったと言えるだろう。指紋認証について、仕組みや課題などを見ていこう。

指紋認証の仕組み

そもそも、指紋認証はどのような仕組みになっているのだろうか。その仕組みは、指紋にあるデコボコと、センサーの電極に近づく電荷が大きく関わっているという。

まず、指をセンサーをつけると、電荷がセンサーに接している指紋に反応して集まるようになっている。この電荷の分布に応じて、データがデジタル化され、指紋の特異点などを抽出して形状を記録。センサーに指が触れられたときに、本人のものかどうか認証できるようになっているのだ。

iPhoneの指紋認証(Touch ID)について

iPhone5s以降の機種で指紋認証「Touch ID」が実装されてから、指紋認証を利用しているという人も多いのではないだろうか。パスワードを入力せず、ロックが解除できるのは、利便性を大きく高める効果があるといえよう。

しかし、中にはセンサーがうまく反応しないという人もいる。そのときは、自分の指先に何か問題があることが多い。たとえば、汗で指先が濡れすぎていたり、逆に乾燥しすぎていたりして、センサーに触れても認証がうまくいかないことが考えられる。

また、登録時にどのような位置や角度で登録したかも重要だ。これとズレていると、認証がうまくいかないことがある。指紋認証を行うときには、いくつか注意点があるので気をつけたいところだ。

Xperiaの指紋認証について

スマホの中で高い指紋認証技術で注目を集めているのが、ソニーのXperiaだ。Xperiaの指紋認証は、その速度が早く、ユーザーの利便性を高めている。

iPhoneとの違いは、電源ボタンが指紋認証センサーの役割も担っている点だ。電源を入れるだけでなく、そこに軽く触れるだけでロックを解除することができるのは非常に便利だ。

指紋は最大で5つまで登録できるため、さまざまな角度で登録が可能となり、ロックがスムーズに進むことが考えられる。登録もXperiaのガイドに沿って行えば簡単に行うことができる。

指紋認証はリスクある?

非常に便利な指紋認証だが、当然リスクもある。

その一つが、指紋勝手に採取されたり、睡眠中など知らない間にロックを解除されたりするリスクだ。指紋が採取されることなんてほとんど無いのではと考える人もいるかもしれないが、気づかない間に採取されているという可能性は十分に考えられる。

また、指紋は一度登録してしまうと変更することができない。そうすると、もし悪意がある第三者の手に指紋の情報が渡ってしまうと、パスワードのように変更して不正なログインを防ぐということができない。

人によっては指紋が認証されづらいという人もいるだろう。乾燥したり、肌が荒れやすい人だと、そもそも指紋認証が使えないというデメリットもある。指紋認証も万全とは言いがたいのが現状だ。

今後、指紋認証はどう利用されるか

指紋認証は、場合によっては文字のパスワードより安全性が担保されやすく、いちいち文字を入力する手間も省くことができる。スマホはもちろん、今後登場するかもしれないスマートグラスなどのARデバイスなどでも指紋認証技術が使われる可能性があるかもしれない。

指紋認証をはじめ、生体認証は今後セキュリティを考える上でキーポイントになるものだろう。今後の普及に期待したい。

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES