bouncy
ABOUT US
Products

iPhoneの文字選択がスマートになる? キーボードをトラックパッドに変身させる方法

iPhoneのメモアプリやメールで文字選択をする際、多く人が、選択したい部分を長押ししてルーペを見ながらカーソルを移動をし、それから[選択]をタップし、選択したい文字の末尾までドラッグするという方法を使っているのではないだろうか?

この操作をスマートにする方法は、デジタルデバイスやソフトウェア、Webサービスなどの使い方を解説する情報サイト「できるネット」に掲載されている。アプリも特殊な設定も必要はない。この便利な方法を、bouncyでは動画とテキストで紹介する。

キーボードをトラックパッドにする方法

文字選択をスマートにするためには、まず画面上に文字入力をするキーボードを表示させ、その部分を強く押す。この時、通常のタップより強く押し込むことがポイントだ。すると、文字の表示が消える。次に、押し込んだ力を緩め画面を触れているだけの状態にする。

これで「キーボード」が「トラックパッド」に変身し、指の動きに合わせてカーソルを自在に動かせるようになる。

再び「強押し」ので文字選択

選びたい文字の銭湯で再び「強押し」をすると、文字選択の状態に切り替わる。再び力を抜いてドラッグをすれば、選択範囲を広げることができる。

iPhone 6s以降に搭載された機能

キーボードをトラックパッドにする方法は、圧力を感知する「3D Touch」の機能によるもの。アプリや特殊な設定は必要なく、iPhone 6s以降であれば、誰でも使うことができる。

スマートな文字選択を活用することで、iPhone ライフがより便利にするになるだろう。

■できるネット
そのやり方はもう古い! iPhoneのキーボードを「トラックパッド」にすれば文字選択が超快適になる

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP