bouncy
ABOUT US
Technology

AR(拡張現実)とは?VR・MRとの違いもまとめてみた

最近、ARやVR、MRという言葉をよく耳にするようになった。しかし、似たような言葉のように感じて、その違いについてイマイチよくわからないという方もいるのではないだろうか?これから話題になると考えられるAR(Augmented Reality、拡張現実)について理解を深めてみよう。

AR(Augmented Reality、拡張現実)とは?

ARとは、現実世界にスマートフォンなどのデジタルデバイスを通じて、現実世界にプラスアルファの情報を付加するソリューションのことだ。ARの特徴は、あくまでメインは現実世界だということ。ここがVR(Virtual Reality、仮想現実)との最大の違いになる。

ARは、現状スマートフォンが主なデバイスだ。それだけに多くの人が気軽に使用することができるというメリットがある。だからこそ、AR関連のアプリケーションがより増えることが予想されている。ARの代表的なアプリケーションについては後ほど紹介しよう。

VR(Virtual Reality、仮想現実)との違いは?

ARとVRの違いは、メインになる環境が現実世界か否かになる。ARは現実世界がメインだが、VRは現実世界から完全に切り離されたバーチャル(デジタル)な世界がメインになる。VRの方が現実世界がメインになっていないため、自由に表現することができるということが言えるだろう。

しかし、VRの世界を楽しむには専用のデバイスが必要だ。簡易的に楽しめるものもあるが、VRの解像度が落ちてしまい、魅力が半減してしまう可能性がある。

MR(Mixed Reality、複合現実)とは何が違う

ARと似たような言葉でMR(Mixed Reality、複合現実)というものがある。MRもARと同様に現実世界がベースになっているのは同じだが、MRの方がバーチャル空間をよりリッチに表現することができる。

MRの例を挙げると、マイクロソフトの「Hololens(ホロレンズ)」がある。ホロレンズを装着することで、現実世界に3Dなどを投影することができる。例えば、この部屋に実際に家具を置いたときにどうなるかといったことを検証することができるのだ。

ARを使った主な製品やサービス

ARを活用したサービスにはどのようなものがあるのだろうか。ここでは、2つの例を取り上げよう。

ポケモンGo

ARアプリの代表といえば、世界中を夢中にさせた「ポケモンGo」が有名だ。現実世界の位置情報とバーチャルを融合させ、実際にその場所に行くことでポケモンをゲットできる。スマホを介しているとはいえ、ポケモンが画面に映る実際の場所にいるかのように感じることができるのが魅力だ。

IKEA Place

世界的な家具メーカーのIKEAがARアプリ「IKEA Placeをリリース。アプリの中に登録されている家具を自分の部屋に置くことで、部屋の雰囲気やサイズにマッチしているかなど確認することができる。

ARを用いて、部屋に実際の大きさの家具を設置して、購入を検討することができるのだ。ゆくゆくは、お店に行かなくても家具が買える時代になるかもしれない。

ARフレームワーク「ARKit」「ARCore」

2017年、AppleがiOS向けのARフレームワーク「ARKit」を、GoogleがAndroid向けのARフレームワーク「ARCore」をそれぞれ発表した。

ARKitは、iOS 11で導入された新しいフレームワークであり、iPhoneやiPadで拡張現実アプリケーションを作成することができる。デジタルオブジェクトや情報をユーザーの周りの環境に融合させることで、画面の枠を超え、アプリケーションを通じて現実世界と関わることができるという。

ARCoreも、ARKitとできることはほぼ同じだ。実際にARCoreを活用するとどんなことができるかは、Googleが公開したコンセプトビデオを見るとわかりやすい。

今後のARの可能性

ARとVR、MRとの違いやARアプリやサービス例について紹介した。「ポケモンGo」などを通じて知らない間にARアプリに触れていたという人も少なくないのではないだろうか。現実世界とつながるARアプリは、今後私たちにとってより身近な存在になるだろう。

現在はARを利用できるデバイスが限られているが、今後そのデバイスが進化すれば、もっと活用されるシーンが増えるかもしれない。AR専用アプリをより多くの人が利用するという可能性もあるだろう。今後もARに注目だ。

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP