bouncy
ABOUT US
Transportation

手持ちサイズに折りたためる次世代ホイール「REVOLVE」

通常自転車や車椅子のホイールは、購入後はつけたまま利用する。しかしもしそのホイールがコンパクトに折りたためたら、どんな新しい使い道やメリットがあるだろう? アンドレア・モセリン(Andrea Mocellin)氏が開発したのは、そんなアイディアを現実にした「REVOLVE」だ。

コンパクトに折りたためる特殊構造

「REVOLVE」はタイヤに相当するホイールの外周部分を、持ち手を中心に6分割して折りたたむことができる。ホイールの展開時の大きさは665mmで、折りたたみ時の大きさは260mm。60%もの省スペース化に成功している。

ホイールの素材としては構造部分にアルミニウムを、ハブのロック構造にステンレスを、そして外周部分にエアレスタイヤを利用。さらにカーボンファイバー素材と組み合わせることで、軽量かつ強靭な本体を実現している。また持ち手部分ではホイールをロックすることも可能だ。

さまざまな車両に利用可能

ホイールは自転車や車椅子へとそのまま装着することが可能。例えば折りたたみ自転車なら収納時はホイールを折りたたみ、乗車時は通常サイズで利用することで乗り心地の良さと省スペース性が両立できる。また店舗などの在庫スペースも圧縮できるだろう。それ以外にも公式ページでは、電動スクーターへの応用などのアイディアも公開されている。

アンドレア・モセリン氏は、このホイールを「現在、さらには未来の折りたたみ式の乗りものの可能性を広げるために開発した」と説明している。確かに自転車から電動バイクまで、その活躍の幅は広そうだ。

乗り物の未来を変えるために開発

「REVOLVE」はプロトタイプが制作されたものの、具体的な販売計画や価格などは発表されていない。ただしインターネット上でも同プロダクトは大いに話題になっていることから、今後の製品化が期待されている。

・ ・ ・

乗り物の未来を変えるという壮大な目標のもとに開発された「REVOLVE」。いつの日か、私たちはこんな不思議なタイヤを装着した自転車に乗ることになるのだろうか。

REVOLVE
Andrea Mocellin

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES