bouncy
ABOUT US
Technology

高齢者の転倒リスクを計測しデータ化できるシステム「FallSkip」

スペインの企業が開発した、高齢者の転倒リスクを計測しデータ化できるシステム「FallSkip」。専用のスマホアプリを用い、簡単ステップでバランス感覚や反応速度などを数値化できるシステムだ。

直立・歩行・着座などの一連動作から詳細なデータを計測

「FallSkip」は、専用アプリに体重・身長・年齢・性別の基本情報を入力し、専用の腰ベルト身に付け背面にスマホをセットするだけで準備OK。

アプリのスタートボタンを押したら、まず直立の姿勢を維持した後、3mほどまっすぐ進む。進んだ先で椅子に座り、最後に再び立ち上って3m戻れば計測完了となる。

この一連の動作から、バランス感覚や反応速度、足どりなどをそれぞれ数値化しアプリで詳細に確認することが可能だ。

客観的なデータから高齢者の日常生活をサポート

高齢者にとって転倒は大怪我につながる恐れがある。日々気をつけていても、身体の衰えは自分では中々認識しづらいもの。「FallSkip」は、そうした高齢者の方々の日々の安全を守るため開発された。計測したデータから日常生活での転倒リスクを客観的に知ることで、周囲や医療のサポートなどに活かすことが可能だ。

テクノロジーが、人々の日々の安全をサポートしていく。

FallSkip
INSTITUTO DE BIOMECÁNICA DE VALENCIA

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP