bouncy
ABOUT US
Technology

Googleのリアルタイム翻訳がスゴイ。無線イヤフォン「Pixel Buds」を使うともっと便利に

海外を訪れたとき、言葉が通じず困惑したことはないだろうか。日本語しか話せない場合、外国人とのコミュニケーションには“言葉の壁”が立ちはだかる。そんな言葉の壁が存在しない未来を感じさせてくれるのが、「Google翻訳アプリ」のリアルタイム翻訳機能だ。2016年頃から目覚ましい変化を遂げており、注目を集めている。

リアルタイム翻訳機能とは

Googleの数あるアプリの中で、5億回以上ダウンロードされている「Google翻訳アプリ」。「リアルタイム翻訳機能」は、このアプリで提供されている翻訳サービスのことだ。

これまでの翻訳機能といえば、テキストやWEBページの翻訳、単語や語句を入力(音声入力や手書き入力も可)しての翻訳がオーソドックスだった。しかし2017年1月にアップデートされ、「カメラ翻訳モード」「Word Lens」「音声会話モードでの自動言語検出」といった、無料とは思えないほど素晴らしいリアルタイム翻訳機能が利用できるようになった。

Googleリアルタイム翻訳がスゴイ理由

リアルタイム翻訳の何がスゴイのか。改めて、前述した3機能を紹介しよう。

カメラ翻訳モード

撮影した写真や端末に保存されている画像にあるテキストをハイライト表示し、翻訳してくれるのが「カメラ翻訳モード」。事前に必要な言語をダウンロードしておけば、オフラインでの使用も可能。飛行機内や電波の届かない場所で翻訳が必要なときに活躍する。

Word Lens

カメラを使用して、周囲にある標識や手書きのメモなどをその場でリアルタイムに翻訳するのが「Word Lens」。翻訳したい文字にスマートフォンをかざすと、自動的にテキストを検出し、翻訳結果を対象の文字に重ねて表示してくれる。海外旅行の際、乗り換え案内やレストランでメニューを見るときなどに活用できる。

音声会話モードでの自動言語検出

2つの言語を認識し、リアルタイムで翻訳するモード。2種類の言語を指定しておき、それぞれの言葉でしゃべればアプリ側が自動的に認識してくれる。異なる言語を話す者同士でも、スマートフォンを介してコミュニケーションが取ることができるのだ。

これらのリアルタイム翻訳には、人間の脳を模したアルゴリズム「ニューラルネットワーク」を活用した機械学習技術が用いられている。これまでの翻訳は、単語ごとの対訳データで翻訳を行っていたため、翻訳すると不自然な文章が出ることもあったが、ニューラルネットワークを活用することで、単語の意味だけでなく、単語の位置や語幹、接頭辞を考慮できるようになった。自然な文の流れを分析して、文章としてより自然な翻訳結果が得られるようになったのだ。

無線イヤフォン「Pixel Buds」でリアルタイム翻訳が使えるように

2017年10月4日、Googleはネックバンド型のワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」を発表した。アメリカでは11月に159ドルで発売され、その後カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポールでも販売を開始した。

via: Google

「Pixel Buds」は、完全なワイヤレスではなく、左右のユニットがケーブルでつながっているタイプのイヤフォン。音楽などの再生はもちろんのこと、マイク機能も搭載されている。Googleの新しいスマートフォン「Pixel 2」などとBluetoothで連携し、Googleアシスタントを利用してユーザーの質問を認識し、返答を聞ける。

大きな特徴は、日本語を含む40か国語に対応する「Google Translate on Pixel」だ。Pixelと連携して、異なる言語を話す相手の声をリアルタイムに翻訳してくれる。まず、右ユニットのボタンを押し、翻訳してほしい言語をGoogleアシスタントに伝える。すると、その言語に対応するモードとなり、ユーザーが話した言葉を翻訳し、スマートフォンのスピーカーを通じて相手に意思を伝えられる。

Pixel Budsは、2018年1月現在日本での購入・使用は難しい。Googleのオンラインショップ「Googleストア」でも、アメリカに住所がないと購入はできない。Pixel Budsがその真価を発揮するPixel 2も、残念ながら日本での発売は予定されていない。日本でも利用できる日を待ち遠しく思う人も多いのではないだろうか。

リアルタイム翻訳の可能性とは

Googleのリアルタイム翻訳は、機械学習技術を用いているため、使えば使うほど精度もより高まっていくことが期待されている。Pixel Budsを利用することで、言語や地域の壁を感じないコミュニケーションも可能になっていくだろう。将来的には、個人間のコミュニケーションだけでなく、ビジネス面にも大きな変化をもたらすかもしれない。そして、言語や地域の壁がなくなれば、国や文化の枠組みは変わるかもしれない。Googleのリアルタイム翻訳は、そんな可能性を感じさせてくれる技術だ。

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES