bouncy
ABOUT US
Products

スマホをドッキングしてノートPC化する「Project Linda」

ゲーミングデバイスメーカーのRazerは、2017年に超ハイスペックのフラグシップモデルのスマートフォン「Razer Phone」をリリースしている。そんなRazer Phoneをドッキングすることで、スマホの機能をノートPCで使えるコンセプトマシン「Project Linda」が、CES 2018で発表されたのだ。

スマホとノートPCの垣根がなくなる

「Project Linda」は13.3インチのQHDタッチスクリーンを備えた、ノートPC型のドッキングステーション。MacBookでいうトラックパッドの位置に、Razer Phoneをドッキングすると、AndoidベースのノートPCとして使用可能になるというコンセプトだ。

Razer Phoneが搭載するQualcommのハイエンドSoC「Snapdragon 835」の性能を、大画面で最大限に活用することができるだろう。さらにビルトインキーボードだけでなく、外付けマウスにも対応するため、各種スマホアプリをノートPCの操作性で使えるのだ。

スマホがトラックパッド化

ドッキングしたRazer Phoneのタッチスクリーンは、そのままトラックパッドやセカンドスクリーンとして使用可能になる。eスポーツのゲームの操作性が向上するのはもちろん、ゲームアプリ以外のアプリも使いやすくなりそうだ。

ドッキングしたRazer Phoneはそのまま充電されるため、状況に応じてスマホ・ノートPCの使い分けも苦にならないのではないだろうか。

・ ・ ・

スマホを大画面で使える「ドッキングステーション」というアイデアは、これが始めてではない。超ハイスペックなRazer Phoneだからこそ、ドッキングステーションの性能をフルに活かすことができそうだ。

世界一の家電見本市であるCES 2018で発表された「Project Linda」。スマホとノートPCの境界線がなくなるのは、そう遠くない未来なのかもしれない。

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP