bouncy
ABOUT US
Technology

ブロックチェーンとは? 仮想通貨を支える基幹技術の仕組みを解説

2017年後半、ビットコインの価格が1BTC=200万円を超え、世間をにぎわせている。ビットコインとともに「ブロックチェーン」という言葉も目にすることが増えた。ビットコインは通貨であるが、ブロックチェーンとは何なのか。今回は「ブロックチェーン」についてわかりやすく解説しよう。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、ビットコインが誕生してから現在まで、すべての取引き履歴を記録している「台帳」のようなものである。

取引き履歴を「トランザクション」といい、一定期間のトランザクションをまとめたものを「ブロック」という。この「ブロック」が1本のチェーンで繋がれているように見えることから、「ブロックチェーン」と呼ばれる。

このブロックチェーンは、ビットコインをはじめとした仮想通貨を「通貨」として機能させることに欠かせない技術なのだ。

仮想通貨=ブロックチェーンではない?

さきほど解説したとおり、ブロックチェーンはビットコインを「通貨」として機能させる技術であり、仮想通貨 = ブロックチェーンではない。

すでに仮想通貨とブロックチェーンが異なるものと知っている人のなかには、「ブロックチェーン」から「ビットコイン」が誕生したと思っている人もいるかもしれない。

しかしそれは間違い。本当はビットコインから「ブロックチェーン」が生まれたのである。つまり、「ブロックチェーン」とは、ビットコインを通貨として機能させる基幹技術なのだ。

ブロックチェーンが注目を集めるわけ

「国家」や「中央銀行」という枠組みにとらわれない、まったく新しい通貨を支える技術がブロックチェーンだ。ブロックチェーンに支えられた仮想通貨が、「通貨」として価値を持つかどうかはブロックチェーンによるところが非常に大きい。

そして、ブロックチェーンは仮想通貨だけの技術ではない。すでにさまざまな分野でブロックチェーンを活用する研究がおこなわれており、すでにブロックチェーンを利用したシステムも運用されている。

私たちの生活を大きく変える可能性を秘めた技術であることが、ブロックチェーンが注目を集める理由なのだ。

ブロックチェーンの仕組み

それでは、ブロックチェーンがどのような仕組みなのか解説しよう。

ブロックチェーンの仕組みを簡単に説明すると、「AさんからBさんに1BTC(ビットコイン)を送金」「CさんからAさんに3BTC(ビットコイン)を送金」といった、トランザクションをブロックにして、それをチェーンでつないで集めたものが「ブロックチェーン」である。

そして、このブロックチェーンを参加者で共有する。なぜ参加者全員に共有されるのか。それには下記のメリットがあるからだ。

・参加者同士による「分散管理」ができ、誰かのコンピュータに障害が発生しても他の参加者たちのコンピュータによって運営が続けられる。

・ブロックチェーンネットワーク上の利用者間の取引において、第三者機関を介することなく、参加者が相互に承認することによって取引を確定させる。

・参加者一人ひとりが取引き履歴を確認できる。

・参加者が共有することで、悪意のある人物にデータの改ざんなどをされる危険性が出てくる。しかし、他の参加者たちによる多重チェックで、不正を防止する仕組みができている。

・参加者全員による分散管理のため、銀行などの特定の機関に管理されることがない。よって権力が1カ所に集中することがない。

つまり、ブロックチェーンは、参加者同士による分散管理と相互監視によってセキュリティが強固になるというのがポイントなのだ。

仮想通貨だけでとどまらない、将来の変化とは

ブロックチェーン=仮想通貨を支える技術と理解している人は多いかもしれないが、ブロックチェーンの技術はすでに他分野で活用されている。

例えば、2016年にスタートした地方創生を支援するプロジェクト「IoVB」では、農業分野の生産管理でブロックチェーンを活用している。

有機農法の取り組みをリードしてきた宮崎県東諸県郡綾町と、株式会社電通国際情報サービスとシビラ株式会社がはじめた同プロジェクトでは、有機農産品の安全をアピールする仕組みを構築した。

綾町の各農家は、植え付けや農薬の使用、農産物の品質チェックの結果などを綾町の認証のもとに実施し、すべての履歴を管理している。このプロセスを経て出荷される農産品に、綾町の認定マークとともに固有のIDを付けてブロックチェーン上に記録しているのだ。

ブロックチェーンは、履歴の改ざんが困難であるため、データの信頼性も高い。消費者はこのIDを検索することで、農産品が間違いなく綾町産で作られ、厳しい認定基準を通過していることを確認できるという。

参考記事: ISID、ガードタイム、シビラ、ブロックチェーン技術を活用して地方創生を支援する研究プロジェクトを立ち上げ

このほか、株式会社日立ソリューションズが、EC・店舗販売・継続課金型サービスなどの利用による膨大な顧客情報を一元管理し、効率的に管理するシステムを開発している。

参考記事:ポイント管理ソリューション PointInfinity

ブロックチェーンの技術は、金融に関わらず、多くの分野で利用される技術なのだ。

今後のブロックチェーンに注目しよう

金融分野だけではなく、農業分野や小売業分野で利用されはじめている「ブロックチェーン」。

このほかにも、ヨーロッパではエネルギー分野、そして医療分野でも研究が行われるなど、単なる「金融を支える技術」ではない。もっと他の分野で使われるようになる日もそう遠くはないだろう。私たちの生活をより便利にすると同時に、そこにビジネスチャンスも眠っているに違いない。

多くの可能性を秘めたブロックチェーンに、ぜひ注目していただきたい。

写真提供:Elnur / PIXTA(ピクスタ)

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP