bouncy
ABOUT US
Products

食べられる海藻由来の包装紙「Seaweed-Based Packaging」がプラスチックごみ問題を解決する?

過剰にプラスチックで包装された数々の製品。プラスチックは自然環境で分解しないため、海洋に投棄されるとマイクロプラスチックとなり、海洋や海洋生物を汚染してしまう。

インドネシアは、世界で2番目にプラスチックごみの海洋投棄量が多い国だ。そんなインドネシアの企業Evoware社が、既存のプラスチック製品に置き換えて使える、海藻由来の包装紙「Seaweed-Based Packaging」を開発したのだ。

栄養豊富で食べられる包装紙

「Seaweed-Based Packaging」は、100%海藻由来の紙のような新素材。印刷に対応し、熱で溶着すれば、食品向けのパッケージとして使用可能だ。

現代では食品の包装紙から、インスタントラーメンの調味料に至るまで、ありとあらゆるところでプラスチックが使われている。安価で耐久性も高いプラスチックだが、使われる期間は非常に短く、海洋などに投棄されると分解されずに残留し続けてしまう。

これらのプラスチック製品を海藻由来の包装紙に置き換えれば、プラスチックごみを削減できるだろう。そのまま食べることもでき、食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含むため、健康にも環境にもやさしいアイデアだ。

包装紙ごと食べるハンバーガー

Evoware社は、そのままお湯に溶かせるティーバッグや、インスタントラーメンの調味料パック、ハンバーガーごと食べられる包装紙などを完成させている。包装紙以外にも、使い捨てのコップが開発されており、飲み物を飲んだ後はそのままコップを食べられるのだ。

「Seaweed-Based Packaging」は、アレルゲン物質を含まず、グルテンフリーでハラール認証も通っているという。完全植物性のため、ベジタリアンの人でも食べられる。世界的に見ても親和性が高そうだ。

環境への影響と雇用の創出

原料となる海藻は、年間を通して45日サイクルで収穫できるという。他のバイオ素材よりも簡単かつ迅速に資源を確保でき、1ヘクタールの海洋スペースで年間40トンの乾燥海藻を生産可能だ。さらに、この生産量あたり、20.7トンの温室効果ガスを吸収するため、環境の改善にもつながるという。

インドネシアの海藻農家は、4人家族で1日4.5ドル未満の収入を得て、生計を立てているという。包装紙の原料として海藻の需要が伸びれば、収入や雇用の少ない発展途上国などでは、生計を立てるための雇用も創出することが期待されている。

海藻はキレイな海洋環境でしか育たないため、海藻農家が増加すれば、海洋環境の維持に取り組むことにもつながるのだ。

・ ・ ・

普段私たちが何気なく使っているプラスチック製品。コンビニで不要なビニール袋をもらってしまうことは誰にでも経験はあるはずだ。そんな些細な行為が、自分たちの知らないところで海洋を汚染しているのかもしれない。

プラスチックごみを削減するために発案された、食べられるバイオ包装紙「Seaweed-Based Packaging」。もしハンバーガーを包装紙ごと食べている人を見かけても、驚かずに受け入れてほしい。それが地球を救う第一歩になるかもしれないのだから。

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP