bouncy
ABOUT US
Event

日本のダンスミュージックカルチャーを渋谷から世界へ!「TDME」レポート

日本初のダンスミュージックに焦点を当てた国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT(TDME)」の第二回目が、11月30日(木)から12月2日(土)にかけて、渋谷ヒカリエを中心に、渋谷全域で開催された。

様々な音楽業界の交流の場「TDME」

「TDME」は、「カンファレンス」「セッションズ」「ライブ」の三種類のパートで構成されており、「カンファレンス」では音楽ビジネスに携わる業界のエキスパートたちが各国から登壇し、現在の音楽業界について熱い講義を行った。

「日本のデジタル音楽市場の将来」と題したカンファレンスでは、日本のトップチャートに上がる曲の多くが、SpotifyやApple Musicと行った音楽ストリーミングサービスにおいて配信されていない現状から、日本の音楽業界の将来を不安視する声も上がった。

「8K映像と3D音響、最先端のメディア技術「8K VR」による究極の没入体験」では、今後ミュージックビデオに新たな「VR」といった技術が介入するのではといった興味深い話題も出た。

エレクトロニック・ミュージックのパイオニア的存在であるJeff Millsの最新作「PLANETS」を再現したサウンドインスタレーションでは、スピーカーをオーケストラに見立てて配置し、40チャンネルのサウンドシステムを使用した。体験者はオーケストラの音の中を歩き回りながら、指揮者の雰囲気を味わったり、特定の楽器の音を聴くなど全身で音を体感していた。

「生楽器とエレクトロニクスの融合」と題したAbleton Liveユーザーのコミュニティーが行ったセッションズは、音楽制作ソフトLive10と生楽器の即興セッション。ドラムやギター、トランペットの楽器が奏でる音とシンセサイザーをミックスさせた音楽は通常のバンドセッションとは全く違う音楽体験となった。

夜には、WOMBやSOUND MUSEUM VISIONなど、渋谷周辺の様々なクラブでパーティーが行われた。中でも昨今のEDMブームを牽引したオランダの「SPINNIN’ RECORDS」が主催した「SPINNIN’ SESSIONS at TDME 」は、渋谷ヒカリエにEDX、Madison Mars、Mike Williamsといった豪華DJが集結し、東京の若者たちは本場ヨーロッパのDJプレイに熱狂した。

海外のアーティストは日本人ともっとコラボしたい

ソニー・ミュージックエンタテインメントに所属し、数々の海外アーティストと仕事をしてきた「TDME」の実行委員長 Lauren Rose Kocher(ローレン・ローズ・コーカー)氏に「TDME」を発足した理由を伺った。

ーーダンスミュージックのイベントを東京でやろうと思ったのはなぜですか?

Lauren:海外のアーティストと仕事する時に、彼らが来日すると必ず東京、渋谷をとても気に入ってくれます。そして、皆んなが言うのはもっと日本のアーティストやレコード会社とコラボレーションをしたいということです。現在は音楽もデジタル化が進み、曲をインターネット上で発表できますし、コラボレーションも一度会って曲を作って、その後はメールで何度もやりとりをすれば遠く離れた所に住んでいるアーティスト同士だとしても、曲が完成します。

インターネットの普及によってボーダレスになった今だからこそ、日本のアーティストと海外のアーティストやレーベルが繋がれる場を作りたいと思い、「TDME」を始めました。

ーー今後、日本のダンスミュージックカルチャーはどうなると思いますか?

Lauren:ダンスミュージックってコラボレーションが生まれやすいジャンルだと思っていて、例えばロックバンドが2組で曲を出すっていうのは中々ないと思うんです。でもダンスミュージックはDJとDJ、そこにシンガーを加えたりしてコラボレーションが生まれやすい。だから日本でも、海外のアーテイスト達みたいにもっとコラボレーションしていってくれたらなと期待しています。

・・・

海外で日本の曲やアーティストがどれだけ知られているだろうか?インターネットの普及により、世界中の音楽が聞けるようになった今でも、日本の曲を海外で耳にすることはほとんどない。「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」のようなグローバルなイベントをきっかけに、ダンスミュージックから日本の音楽がもっと世界中の人の耳に届くようになるかもしれない。

TDME

FEATURED

YOU MAY ALSO LIKE...

RECOMMEND

PICK UP