bouncy
ABOUT US
Products

自分だけのTシャツを簡単に作れる最新プリンター「RICOH Ri 100」

Sponsored
RICOH

RICOHが開発した「RICOH Ri 100」は、Tシャツなどの服飾品生地に直接印刷できるDTG(Direct to Garment)プリンター。これまで数百万円という価格帯だった業務用プリンターを、簡単操作かつ小型化・低価格化して実現させたプリンターで、イベントや小型店舗から個人事業主や個人ユーザーまで、様々な人々がオリジナルTシャツやトートバッグなどをわずか数分で簡単に作成して楽しむことができる。

同社が40年以上に渡って取り組んできたインクジェット技術と、オフィスプリンターの製品開発で培ってきた小型化技術や優れた操作性を融合して実現したという。

コンパクトかつ簡単操作で手軽にオリジナルプリント

一体化設計でコンパクトサイズ

RICOH Ri 100」は、プリンターと乾燥ユニットなどの仕上げ機を一体化したコンパクトな設計を実現。従来はインクを衣類に定着させるため別途機器スペースが必要だったが、「RICOH Ri 100」ではそのスペースが不要に。ショップの店頭などに気軽に置いてサービスを提供することができる。

カセット式Tシャツホルダーを採用し簡単操作が可能

使い方は簡単で、カセットにTシャツをセットし、シワをのばした後にプリンターで印刷。その後カセットごと仕上げ機に入れインクを定着させるだけ。わずか数分で完成する仕組みで、手軽かつ安全に衣類への直接印刷が可能に。熟練スタッフを確保できない小規模店舗や、衣類プリントを外注している学校や土産物店など、様々なシチュエーションで簡単にオリジナルのTシャツやトートバックなどが作成できる。

専用ソフトウェアで自由にデザイン

自分で撮った写真や作成したイラストをPCに送信し、専用ソフトウェアからレイアウトやデザインを簡単に作成できる。Tシャツのほか、トートバッグ、ハンカチやスカーフ、靴下、テーブルクロスなど、「綿50%以上」であれば様々なものに印刷が楽しめる。

気になる仕上がりは、高画質かつ滑らかな肌触りを両立し、洗濯による色落ちも一般的なTシャツと変わらないなど、高品質で美しいものとなっている。

笑顔を届ける新たなプリント体験を

「自分だけの一点ものの喜びを紹介したい」「この機械から生み出される“笑顔”を伝えたい」という想いで開発された「RICOH Ri 100」。
2017年11月17日(金)〜19日(日)にタケオキクチ本店で開催されたイベントでは、参加者がTシャツやトートバッグに思い思いのデザインを印刷し、世界で一つだけのTシャツ・トートバッグ作りを楽しんだ。

参加者からは「気軽に印刷できて楽しい」という声が上がる中、同店の店長・中神氏は、「洋服は “出来上がっているものが100%” ではなく、その上に “さらにテイストやニュアンスを加えることができる” という新しい見方、面白さを発見して楽しんでもらえた。自分だけの一点物を作る喜びを感じてもらえたと思う」と語っていた。

「創る喜び」「魅せる喜び」「つながる喜び」「想いをまとう喜び」の4つの喜びをコンセプトとして掲げるRICOHにとって、「RICOH Ri 100」は、人と人とのリアルなコミュニケーションを加速させる笑顔の提供ツールとも言える。

オリジナルデザインの衣服を気軽に印刷できるプリンター「RICOH Ri 100」で、世界でたった一つのデザインを身にまとってみては?

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...