bouncy
ABOUT US
Transportation

ソニーが移動の未来を提案するコンセプトカー「Vision-S」を発表 #CES2020

ソニーといえば、オーディオ、スマホ、カメラなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。CES 2020のソニーはひと味違いました。なんと、自動運転もできるEV「Vision-S」を発表し、ソニーの技術がモビリティの分野まで進出したのです。

ソニーの技術が結集した一台

ソニーが開発したVision-Sは、4人乗りのEVセダン。車内外にソニー製のカメラや、LIDARなどセンサー類を搭載し、周囲360°を把握します。現段階では、「自動運転レベル2」以上に当たる、「高速道路上の運転アシスト機能」を実現しているとのこと。

各種センサーが周囲の車両や道路状況を見極めて、自動的に速度制御や車線変更などを行ってくれます。高い技術力を持つソニーだからこそ、カメラやスマホでセンサー系の技術を持つソニーならではの装備といったところ。

将来的にはソフトウェアアップデートにより、運転者が全く操作せずに移動できる「自動運転レベル4」に対応する予定とのこと。

疾走するエンタテイメント空間

ソニーは自動運転が高度化していく未来において、車内を「疾走するエンタテイメント空間」と位置づけました。CES 2020では、ソニー独自の立体音響技術「360 Reality Audio」に関連する製品が発表されましたが、Vision-Sにも同様の技術を採用。

各シートのヘッドレストにスピーカーが内蔵されており、まるでアーティストと同じ空間で音楽を聴いているような、高い没入感を味わえるそうです。さらに、個別に違う音楽を楽しむ、といった指向的な音楽の楽しみ方にも対応しています。

また、フロントにはワイドスクリーンが張り巡らされ、運転席側は速度などを表示しつつ、助手席側では動画コンテンツを再生するなど、それぞれが楽しめる空間を演出しています。

・ ・ ・

Vision-Sはあくまでコンセプトカーですが、公式サイトには詳細なスペックが記され、CESの会場には実走するモデルが登場。Vision-Sの車体はクーペ、セダンだけでなく、SUV、MPVにも対応していることをうたっています。

来たる自動運転の波、ソニーならではの「移動の未来」を、見せてくれるかもしれません。


CREDIT Videographer / Writer / Curator:のだ ゆうた
SNS:にしまり


Sony Vision-S
Sony Corporation

のだ ゆうた
ディレクター/エディター
ウェブメディアに潜伏してはや6年。休日はゲームの世界とお酒に溺れ、サウナとネコを愛する。狩猟免許を持っているが、狩猟経験はないペーパー猟師。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP