bouncy
ABOUT US
Culture

遊び心溢れる夢の世界を届ける「LEGO House」がデンマークにオープン

2017年9月28日、LEGO本社のあるデンマークの町ビルンに「LEGO House」がオープンした。LEGOブロックを積み上げたような建物で、各テーマカラーに分かれたユニット構造となっており、LEGOを使った様々なアトラクションを満喫できる夢のようなテーマパークだ。

「創造」「認知」「社会性」「感情」をテーマにした4つのゾーン

4種のカラーユニットに分かれた「LEGO House」。各カラーユニットにはそれぞれテーマが設けられ、テーマに沿った様々なアトラクションが用意されている。

「創造」をテーマにしたレッドゾーンでは、まるでLEGOのプールにように無数のLEGOブロックが溢れており、頭にあるものを何でも作れる空間を形成。自由なものづくりを楽しむことができる。

「認知」をテーマにしたブルーゾーンでは、ロボットのプログラミングや街の建設が可能。問題を解決したり、新しい事を学ぶといった能力を養うことができる。

その他LEGO人形によるストップモーション・アニメーション作成を通して「社会性」を学べるグリーンゾーン。植物のLEGOブロックを自由に配置し「感情」を表現できるイエローゾーンが用意されている。

また、LEGOブロックで食べたい物を組み立て注文するというユニークなレストランもあり、大人も子供もLEGOの世界を思う存分堪能することができる。

遊びを通じて創造する喜びを

世界的に著名な建築家Bjarke Ingels氏の事務所が手がけた「LEGO House」。「最高のLEGO体験を提供し、遊びを通じて創造性を養う」というLEGO社代表Kjeld Kirk Kristiansen氏の想いが込められているという。

12,000㎡もの敷地に2,500万ものLEGOブロックが織りなす遊び心溢れる夢の世界「LEGO House」で、あなたも作る喜びを味わってみては?

LEGO House
The LEGO Group

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...