bouncy
ABOUT US
Art

労働者のマインドを映す光のアート? タイのクリエイターグループ「Living Spirits」のインスタレーション

光を用いたインタラクティブアートの数々を手がける、タイに拠点を置くクリエイターグループ「Living Spirits」。社会問題、文化、サブカルチャー、歴史などのトピックに潜むあらゆる問題を観察し作品に落とし込んでいるクリエイター集団だ。

オフィスワーカーの習慣から着想を得たライトアート

「Living Spirits」は、オフィスワーカーの毎朝の習慣から着想を得て、普段は見えない人々のストーリーを切り口としたインスタレーションを手がけている。

1,400本以上のアイスコーヒーのボトルを集めた「Chandelier of Spirits」では、近づく人が多いほど明るく光り、人が離れると暗くなる作品を披露。労働者のハードワークや力強いマインドを象徴したという。

同グループは他にも人々の生活や環境への意識をテーマにさまざまな作品を各地で披露している。

とらわれないアートの発想が、社会の姿を映し出していく。

Living Spirits
Living Spirits

Yukinori Kawanobe

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP