bouncy
ABOUT US
Technology

2次元を視覚化してくれる?形状を変えられるロボットたち「ShapeBots」

「ShapeBots」は、コロラド大学の鈴木遼さんが開発した2次元データを視覚化してくれるロボットの群だ。ロボット1つのサイズはたまごくらい。小さな四角いロボットが群をなして、仕事のお手伝いをしてくれる。

ロボット単体では、水平や垂直、曲線、3D体積変化などの形状に自由自在に変化。複数のロボットにプログラムすれば、自在に動き回ってプログラム通りに動く。

例えば地図データを視覚化できる。地図の上にロボットを乗せれば、その地域の人口を垂直方向に伸びるロボットが教えてくれる。垂直方向に高く伸びるほど人口が多いという訳だ。

また、パソコン上のCADデータを3Dに視覚化してくれる。ロボットを動かせばCADデータも動く仕組みだ。
そして机の上の散らかったゴミを片付けるように記憶させれば、掃除だってお手の物。自由自在に動くロボットだからこそ、記憶させるだけで幅広い用途に使うことができる。

・・・

使い方次第で業務を効率化させることができる「ShapeBots」。2次元のデータを視覚化できるので、周りの人との意思疎通がもっと捗りそうだ。

・ ・ ・


CREDIT
Videographer/Writer:石井雄大
Curator:Tomohiro Machida
SNS:にしまり


ShapeBots
鈴木遼

ishii yuudai

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP