bouncy
ABOUT US
Products

どこが変わった 「AirPods Pro」。え、うどんからタコへ!?

AirPods使ってますか? セットアップは簡単だし、装着するだけで音楽が再生されたり、外すと停止したりできるAirPods。

タップで曲送りして、Siriを起動して、ハンズオフでの通話もできる。とまぁ、機能をあげだしたらキリが無いAirPodsに進化した「AirPods Pro」が登場する。

耳からうどんが出てると言われていたあの形が、もっと小さくなって、耳に当てる部分がタコの口みたいなフォルムへ変化。なぜそんな見た目に? 性能はどう変わったの?

発売は10月30日。bouncyは一足先に製品を試して、「AirPods Pro」の進化をまとめてみた。

驚きのノイズキャンセリング

まず一番の驚きポイントは、ノイズキャンセリングだ。
今までのAirPodsでは、外部の音が聞こえていたが、「AirPods Pro」は周囲の気配が消えるほどノイズが完全に遮断される。ちょっと遮断されすぎて、怖いくらい。

ゲーム、ライブ映像、映画を観る場合には、かなりの没入感が得られるだろう。

外部音取り込みモード

逆に、電車で降りる駅のアナウンスを聞かなければいけない時は、「AirPods Pro」の軸部分を長押しすると、ノイズキャンセリングから外部音取り込みモードに瞬時に切り替わる。

外部音取り込みモードにすれば、音楽を聴きながらも周囲の音も自然に聞こえるように調節される。

切り替えは、iPhone、Apple Watchでも可能。

カスタマイズできるフィット感

見てわかるように、デザインが前回のものからかなり変わった。

より色々な人の耳にフィットするようになされた改良で、さらにL、M、Sから自分の耳に合うイヤーチップが選べる。つけた瞬間から、もう絶対ずり落ちない、そんな気持ちにさせるくらいフィットしてくる。

またiPhoneを使って、イヤーチップ装着状態テストができるので自分の耳に一番合ったものにカスタマイズできる。

防水加工で汗に強くなったので、サイクリングやランニングでもさらに活躍しそう。

5分の充電で1時間音楽が聴ける

AirPods同様、音楽は最大5時間聴き続けられる。
ノイズキャンセリングモードを使った場合は、最大4時間半音楽が楽しめて、通話であれば3時間半可能だ。

もし急ぎで使いたい場合は、5分の充電で1時間音楽を聴ける。

・ ・ ・

これらの機能は、iOS 13.2以降で使えるのでアップデートをお忘れなく!
値段は27,800円で、中身だけを無くした場合もイヤーピースのみの販売もあるそう。

ちょっと高いけど、このノイズキャセリングは試して欲しい。
私は、飛行機の長距離移動で使いたい!


CREDIT
Videographer:Masaaki Ishino
Writer:Marina Maekawa
SNS:にしまり
Cast:Marina Maekawa / 菊丸 正剛


Masaaki Ishino
bouncy編集部ディレクター

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP