bouncy
ABOUT US
Transportation

世界各地の都市で運行するNAVYAの自動運転シャトルバス

世界中の自動車メーカーが無人で走行する自動運転車を開発している中、2014年に創業したNAVYAは、「自動運転シャトルバス」で自動運転市場をリードするフランスのスタートアップだ。

国内でもソフトバンクグループのSBドライブ株式会社が、NAVYAの自動運転シャトルバス「ARMA」を導入している。名だたる自動車メーカーに先駆けて、世界各地ですでに導入が始まっているNAVYAの自動運転テクノロジーとは、一体どんなものなのだろうか?

NAVYAの自動運転シャトルバス

都市部や観光地における「ラストワンマイル」を補うというコンセプトを持つNAVYAの自動運転シャトルバス。長距離ではなく、限られたエリアを自動運転で巡回することで、旅行者を快適に輸送し、都市部の渋滞緩和に効果を発揮するという。

NAVYAの自動運転シャトルバスは15人乗りで、サイズはワゴン車より少し大きいくらいだろうか。最高時速45kmで走行可能だが、通常の運行速度は比較的ゆっくりな時速25kmに設定されている。

電動車であるため環境にも優しく、フル充電の状態から平均で9時間の走行が可能だ。内部には通信用ボードも設置されており、乗客は周辺の情報を表示したり、質問して回答を得たりと、無人ながらコミュニケーションをとることもできるようだ。

自動運転シャトルバスのテクノロジー

NAVYAの自動運転シャトルバスには、全球測位衛星システム「GNSS」や、レーザーを用いたセンサー「LIDAR」、カメラなどの様々な自動運転システムが搭載されている。複数のセンサーで周囲の状況を常に確認し、障害物や通行人を検出すると緊急停止する。

車内には緊急停止ボタンが2つ設置されているだけでなく、外部に救助を求められるSOSインターホンも搭載。無人ながら安全に配慮された設計になっているという。

世界各地で採用されている

すでにNAVYAの自動運転シャトルバスは、世界各地の都市で50台以上が運行している。フランスのパリとリヨン、スイスのシオン、オーストラリアのパースでは、実際に公道で乗客を輸送しているのだ。

ほかにも、東京のプリンス芝公園や、アメリカにある自動運転車のテストのためだけに作られた街「Mcity」、シンガポールの南洋理工大学、ニュージーランドのクライストチャーチ、香港の西九龍文化区と行った、私有地での自動運転シャトルバスの運用も行われている。

なお、アメリカのラスベガスでもNAVYAの自動運転シャトルバスが導入されたのだが、初日にトラックとの接触事故が起きている。これはトラックを運転していたドライバー側の人的ミスであると発表されており、けが人はおらず、幸いにもNAVYAの自動運転技術に問題はなかったようだ。

・ ・ ・

NAVYAは自動運転バスだけでなく、自動運転タクシーの開発も進めている。長距でも安全に連れて行ってくれる自動運転テクノロジーの創世記が、幕開けを迎えつつある。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...