bouncy
ABOUT US
Event

未来の暮らしを提案する「Panasonic Design 展」レポート

11月1日(水)~5日(日)東京ミッドタウンのコートヤードにて、「Panasonic Design 展」が行われた。

来年に創業100周年を迎えるPanasonicが、若手デザイナーの取り組みや、先行的なデザインのプロトタイプの展示を行う企画で、今年のテーマは「Hands-on Innovation〜これからの豊かなデザイン〜」。

会場は4つのエリアに分かれており、それぞれ異なるアプローチでテクノロジーとデザインの新たな関係を表現していた。

テクノロジー×職人技「Electronics Meets Crafts:」

京都の伝統工芸後継者によるクリエイティブユニット「GO ON」とのコラボ作品が展示される「Electronics Meets Crafts:」。焼き物や西陣織、木工など、職人の超絶技巧によってもたらされた工芸の美とテクノロジーが融合した7作品が並ぶ。

先端素材のチタンで作られた電子香炉には、京都伝統の「湯豆腐すくい」の技術を応用した金網が一本一本手作業で編み上げて飾られた。緻密な網目が実用性に美しさが宿されている。

テクノロジー×光空間「WEAVING THE LIGHT」

自動車のヘッドランプやプロジェクターなどに用いられる光デバイス
、「レーザー」を編み上げた「WEAVING THE LIGHT」は、細いファイバーにレーザー光を入光するという技術を用い、その特性を活かした新たな「明かり」をデザイン。

テクノロジー×ヒストリー「Panasonic Design History」

時代とともに人々の暮らしに寄り添ってきた、Panasonicのデザイン。その品々を年代ごとに並べるとともに、会場に設置されたサイネージにスマホをかざすと、「LinkRay」(同社の光ID技術)で最新コマーシャル映像を見ることができる。

テクノロジー×未来の暮らし「Next Humanity」

Panasonic社内のクリエイティブチームが手がける「Next Humanity」は、2030年の東京をテーマにした未来の家電を提示。加熱調理ができるテーブルクロス「Freast」、モノをスキャンし波紋と共に優しく情報を表示するアンビエント・プロジェクター「Drip」、人間のバイタルデータをセンシングし、日々の変化を蕾の開き具合で教えてくれるバイタル・プラント「Bloom」の3点が並ぶ。

テクノロジーを活かした様々なアプローチの作品が並ぶ本展の先に見据える、Panasonicが考える未来とは、どんな世界なのだろうか?「Next Humanity」を担当したデザイナーの足立昭博氏に訊ねた。

テクノロジーでより人間らしい暮らしができる

ーー2030年の東京はどうなっていると考えていますか?

足立:東京は世界に先駆けて「人口集中」「超高齢化」が進むと思います。同時に単身世帯も増えていて、未来は「孤独」を感じる人がどんどん増えると予想しています。

ーーかなり悲観的では?

足立:あくまでこのままでは、ということですね。そういった未来を見ているとテクノロジーの進化によって、快適で合理的な暮らしが来ると思う一方、それだけでいいのかな?という疑問がありました。

ーーその課題解決が今回のテーマ?

足立:そうですね。だからといってテクノロジーが進化した未来を拒むのでなく、一方で合理性だけを追い求めることはしない、そんな暮らしをPanasonicのデザインで提案したかったんです。

そこで、進化したテクノロジーを活用することで、今までの「人間らしさ」を高めてくれる「より人間らしい暮らし」を提供することができるのではないか?と考えました。

ーー3つの作品はどんな思いが?

足立:まず「Feast」は、食の場を手軽にすることがねらいです。未来はコンビニ弁当でも健康的な生活を送れるようになると思いますが、でも自分で料理をすることは楽しいし、みんなで集まって食卓を囲む場を大切にしてほしい。クロス1枚で加熱調理が簡単にできることで、そういう機会が増やしてもらいたいと思っています。

そして「Drip」と「Bloom」は「情報との気の利いた向き合い方」を意識しました。情報の表示方法を、わかりやすさだけでなく空間を美しくしてくれるものに考えています。

今後IoTはますます普及していき、私達の身の回りは今以上に情報であふれると思います。そんな時、適度な距離感と気の利いた方法で情報を提示することで、情報に囲まれることがネガティブでなくなり、より日々の暮らしを豊かなものしてくれるのではないでしょうか。

・ ・ ・

100年の歴史を持つPanasonicだからこそ、テクノロジーを闇雲に追求する未来ではなく、テクノロジーと上手に向き合うことで実現する、より人間的な暮らしを見据えていた。これからの開発からも目が離せない。

Panasonic Design 展

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...