bouncy
ABOUT US
Event

Googleが無料でドーナツを配布する期間限定「Google Home Mini ドーナツショップ」を表参道にオープン

Amazon、Google、Apple、LINEなど名だたるテクノロジー企業は、近年「スマートスピーカー」の開発に力を入れている。その中でGoogleは、10月に「Google Home」と「Google Home Mini」を日本でも発表した。

提供:Google

どちらも“OK, Google”と話しかけると返答してくれる「Googleアシスタント」を搭載のスマートスピーカー。Androidユーザーなら、「Googleアシスタント」をスマホなどで使ったことがあるという人も多いかもしれない。

Googleがドーナツショップをオープン?

そんなGoogleが、11月8日から期間限定で表参道にドーナツを無料配布するショップをオープンしたという。一体なぜ大手テクノロジー企業がドーナツショップをオープンすることになったのだろうか?

その答えは、「Google Home Mini」のデザインが、カラーリングもサイズもドーナツにそっくりということにある。そこでGoogleは、「Google Home Mini」を体験すると、「Google Home Mini」にそっくりな特製ドーナツをプレゼントする期間限定ショップをオープンしたのだ。

「Google Home Mini」を体験できる

オレンジ色のポップな建物の中では、たくさんのドーナツがベルトコンベアで運ばれている。店内のテーブルの上には「Google Home Mini」が設置されていて、順番が来ると話しかけてスマートスピーカーを体験可能。

何を話しかけるか戸惑ってしまうかもしれないが、目の前の壁に書かれているメッセージを読むだけでも大丈夫。例えば「OK, Google. 今日はどんな日?」「OK, Google.ピカソの本名は?」という風に話しかけるだけ。実際に体験してみると、スムーズで素早いレスポンスに驚かされるはずだ。

体験するとドーナツがもらえる

「Google Home Mini」の体験が終わると、隣にあるベルトコンベアにペーパーボックスが出現する。中には「Google Home Mini」そっくりなドーナツ。

箱の中には「The size of a donut.(大きさはドーナツ)」「The power of a superhero.(パワーはスーパーヒーロー)」というメッセージ。手元に本物のスピーカーがなくても、サイズ感をイメージできるようになっている。

本物の「Google Home Mini」が入っていることも

体験後にもらえるペーパーボックスの中には、運が良ければドーナツの代わりに本物の「Google Home Mini」が入っていることもあるという。

2階はカフェスペース

2階に続く階段を登った先には、手に入れたドーナツを食べられるカフェスペース。3色の「Google Home Mini」の体験コーナーもあるので、一言話しかけるだけで物足りなかった人は、実際に手に取ったり、話しかけたりして心ゆくまで体験可能だ。

多くの家電量販店でも「Google Home Mini」を取り扱っているが、Google Store限定の「コーラルカラー」を試すことができるのはここだけ。全色を見比べてみたい人は、ぜひ行ってみてほしい。

・ ・ ・

Googleだけでなく、LINEやAmazonもスマートスピーカーで日本に進出し、これからさらなる普及が予想されるスマートスピーカー市場。「スマホやスピーカーに話しかけるのは恥ずかしい」という人は、時代に取り残されてしまうのかも?

 開催期間:2017年11月8日(水)〜13日(月)11時〜19時
※ 13 日(月)のみ 17 時までの営業です。ご注意ください。
※ 開催時間は予告なく変更する場合があります。
※提供できるドーナツの数量には限りがあります。予めご了承ください。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...