bouncy
ABOUT US
Culture

手書きレポートへのアンチテーゼ? 現役早稲田生が作った「全自動手書きレポートマシン」

いまだに残る"手書き"レポートの慣習。

学生に手書きさせる理由は、「手で書いた方が覚えられる」や、「剽窃の防止」らしいが……。それに納得できない人は案外多いはず。

早稲田大学で情報理工を学んでいるたむ氏が制作したのは、PCで入力したテキストを全自動で手書きをしてくれる「全自動手書きレポートマシン」だ。

全編の動画がニコニコ動画にアップロードされ、話題になっている。

3DCAD「Autodesk Fusion 360」で手書きプリンターを設計

たむ氏はまず、3DCADソフト「Autodesk Fusion 360」でペンを自在に動かせるプリンターを設計。

ペンの上げ下げにはラックアンドピニオン機構を採用。

3Dプリンターで必要な部品を印刷したあとは、木材と金属も使って一緒に組み立てていく。

電源には使用しなくなったNintendo Wiiのものを使用。

イラストをGコードに変換し送信すると印刷ができる。

手書きフォントも自作・・・!?

たむ氏は手書き風フォントを探すも、お眼鏡にかなうものがみつからず自作することに。

1文字3回程度書き、PCで"文字の平均化"を行うと手書きの質感を残しつつきれいな字ができあがっていく。7,000文字は書いたそう。

さらに、専用エディターをプログラミングで制作。たむ氏独自のフォントを出力してみると……。

遂に「全自動手書きレポートマシン」の完成だ。

手で書いた方が早かったのでは・・・? という疑念は胸にしまっておこう。

たむ氏は他にも、デジタルではなくアナログの将棋相手をしてくれるマシン「全自動将棋」や、服を畳んでくれる「半自動洗濯物折り畳み機」を開発している。

独創的なアイディアが実現していく動画は、ネット上で話題になり、地上波のテレビ番組でも放送された。

・・・

ユニークなアイディアは、画期的なマシンのみならず視聴者の笑顔も開発しているのかも?

菊丸くん
YouTubeをみるのが大好きな人。動画編集をメインにライターとしても奮闘中!最近闇金ウシジマくんを読んで、借金の怖さにびびっている。ポートフォリオ

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP