bouncy
ABOUT US
Event

こんな水族館初めて! サンシャイン水族館の「性いっぱい展」にドキドキ!

開放感のあるサンシャイン水族館の昼の顔とうってかわって、夜の顔はムーディに!

いつもは18時まで営業しているサンシャイン水族館で、夜間特別営業として海の生き物たちの「性」に関するコンテンツを体験できる「性いっぱい展」を開催中。

開催時間は18:30〜22:00。期間は、2019年9月27日(金)〜11月4日(月)。

水族館の館内は、照明を落として、ネオンが輝く歓楽街をイメージした1階と、ピンクの照明に照らされた「ムーディなお部屋」をイメージした2階に分けて、夜の世界を演出しており、水族館とは思えない雰囲気に!

風呂1300杯分の大水槽「サンシャインラグーン」もピンク色に。

展示のコンセプトは、「生き物たちの多様性」

生き物の性や繁殖行動、求愛行動といった、あまり語られない部分に展示をフォーカスしており、やたらなまめかしい「ヒレシャコガイ」と「カワテブクロ」を拝める「性いっぱい水槽」や、1日に20回性別が入れ替わることもある「チョークスバスレット」などが泳いでいる「不思議な?な水槽」など、数々の展示が用意されている。

展示パネルは、「性いっぱい展」オリジナル仕様。人気イラストレーターによるオリジナルイラストや人気ライターによるオリジナルコメントで、性や繁殖行動、求愛行動をわかりやすく解説してくれている。

その他、実際にサメの生殖器の標本に触れられる「おさわりBOX」や、視覚・聴覚に訴えるカニの性行為などを見られる「のぞきBOX」など、さまざまな感覚で性を楽しめる展示も用意されている。

また、飼育スタッフによる「性いっぱい」トークも、金・土曜日限定で開催。「性転換する生き物の話」「イクメンな生き物の話」など、性に関する学術的な話から、ちょっとしたトリビアを語ってくれる。

より多くの人達に生き物の多様性を知ってほしい

サンシャイン水族館館長の丸山氏によると、ただお固い内容の展示ばかりでは、より多くの人に興味を持ってもらえないので、こういったユニークなテーマの展示を開催することが大事だという。工夫した伝え方で、生き物の多様性を知ってほしいという願いが込めらているようだ。

・ ・ ・

ジョークも交えつつ生き物の性の多様性を感じられる、ちょっとエッチだけど真面目な「性いっぱい展」。新しい水族館の楽しみ方で、生命の神秘を感じられそうだ。


▼イベント名:
夜のサンシャイン水族館「性いっぱい展」
▼場所:
サンシャイン水族館 本館
▼開催期間:
2019年9月27日(金)〜2019年11月4日(月)
▼開催時間:
18:00〜22:00
▼料金:
大人 2,200円/こども 1,200円/幼児 700円/ペア(高校生以上)3,500円


CREDIT
Videographer/Curator:大村宗資
Writer:Tomohiro Machida
SNS:にしまり


大村宗資
ディレクター
テレビ番組の映像編集を経て、2018年からbouncyでディレクターを担当。エンタメやスポーツ系のネタが好き。明朗活発、色んなところに取材行きます。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP