bouncy
ABOUT US
Products

人の動きに反応して変形? てんとう虫の羽からインスパイアされた鮮やかな運動彫刻


シュトゥットガルト大学の研究チームが開発した、人の動きや環境に反応して変形する運動彫刻。街のベンチで、周囲の人に反応して自動で屋根が開閉するデモンストレーションが公開されている。

てんとう虫の羽の動きがモチーフ

エアシリンダーにより柔軟な開閉を可能にした独自の折り畳み機構を搭載したこの運動彫刻。てんとう虫の羽の動きに着想を得て開発されたという。

搭載のセンサーにより人の動きに反応して自動開閉するほか、タッチ操作やアプリによる遠隔制御にも対応できる。

人や環境に合わせ変化するこの仕組みは、公園や広場のベンチなどでの活用が期待されている。

ユニークなアイデアが暮らしを豊かにデザインしていく。

Project Team
ICD Institute for Computational Design and Construction
Prof. Achim Menges, Oliver Bucklin, Lauren Vasey
ITKE Institute of Building Structures and Structural Design
Prof. Dr.-Ing. Jan Knippers, Axel Körner, Seiichi Suzuki
ITFT Institute for Textile and Fiber Technologies
Prof. Dr.-Ing. Götz T. Gresser, Larissa Born
Concept Development, System Development, Fabrication & Construction
Miro Bannwart, Eliza Biała, Xiaoyu Chen, Rebeca Duque Estrada de Almeida
Araujo, Farnaz Fattahi, Rob Faulkner, David Horvath, Niloofar Imani, You-Wen
Ji, Fabian Kannenberg, Nate Kaylor, Denitsa Koleva, Jure Kozmos, I-Ching
Lee, Ada Leżuchowska, Zhiqi Lin, Samantha Melnyk, Seyed Mobin Moussavi,
Mona Mühlich, Seyed Ahmad Razavi, Tamara Rosales, Emi Shiraishi, Sanoop
Siby, Piyanat Songkhroh, Hana Svatoš-Ražnjević, Naomi Kris Tashiro, Babasola
Thomas, Aditya Tiwari, Maria Wyller, Nima Zahiri, Ruqing Zhong
With support of
Anja Mader, Katja Rinderspacher, Maria Yablonina
In collaboration with
Compositence GmbH
Department of Evolutionary Biology of Invertebrates – Prof. Oliver Betz
Department of Palaeontology of Invertebrates – Prof. James Nebelsick
University of Tuebingen
Supported by
Autodesk
Roy Hohlfeld

Yukinori Kawanobe

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP