bouncy
ABOUT US
Technology

お化け屋敷とMRの融合?「TYFFONIUM」がダイバーシティ東京にオープン

10 月28 日(土)、東京お台場の商業施設「ダイバーシティ東京」に、MRシアター「TYFFONIUM(ティフォニウム)」がオープンした。MR(複合現実)は、CGなどで作られた仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術。

「TYFFONIUM」では、お化け屋敷をモチーフにした「Magic-Reality: Corridor(マジックリアリティ・コリドール)」 を中心にMRコンテンツを提供する。

無機質な空間が廃墟に変身

「お化け屋敷」の舞台は廃墟になった洋館。その中を歩くと奈落の住人が次々に押し寄せて来て、ついには回廊が地獄へと変化していく…。

通常、「お化け屋敷」といえば、真っ暗でおどろおどろしい装飾品でいかにも怖そうな世界観を演出しているものだが、「TYFFONIUM」はそのイメージを覆す。

シアターの中は何の飾り付けもされていない無機質な空間が広がる。無機質な空間は、MR用のヘッドマウントディスプレイをつけ、プレイを始めると一変。CGで描かれたいかにも「お化け屋敷」らしい洋館が目の前に現れるのだ。

フルCGの恐怖世界

「TYFFONIUM」を手掛けたのは、米ウォルトディズニーの出資企業でもある「Tyffon 社」。CGで描かれた亡霊のクオリティはまさに圧巻で、現実と見紛うリアルさで虫が蠢き、亡者が迫って来る。

さらにヘッドマウントディスプレイを通して見える世界はユーザーの動きと連動し、実際に歩けばCGの「お化け屋敷」も連動して動く。そして、「Tyffon 社」独自の技術により、CG世界の中で同伴している参加者だけが実際の姿で見えるため、仮想世界があたかも現実で起こっているような錯覚をさせる。

「TYFFONIUM」は今後コンテンツのバージョンアップし、4D要素を取り入れることに加え、年内に新たなコンテンツを同スペースで提供予定。

テクノロジーを取り入れた新たな「お化け屋敷」の登場で実現した「圧倒的な没入感」と「新たな恐怖体験」は加速度的に拡張される?

■TYFFONIUMM
【場所】ダイバーシティ東京 プラザ 5F
【対象年齢】13 歳以上
【料金】フルバージョン:2,000 円/ショートバージョン:1,300 円

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...