bouncy
ABOUT US
Products

現地取材!Appleスペシャルイベント2019

9/11の午後10:00(現地時間)気温18度、季節外れの寒空の中なのに、サンノゼ・クパチーノに向かう車内は熱気を帯びていた。Appleスペシャルイベントが開かれたのだ。

そこで「iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone11 Pro MAX、第7世代「iPad」、「Apple Watch Series 5」などが発表され、現地は“大盛り上がり”を通り越し、感動しているようだった。

ベントが開催された「Steve Jobs Theater」

Appleの新キャンパスを基本とした「Apple Park」には、あの宇宙船みたいなデザインで知られるドーナツ型の社屋のほかに、「Apple Park Visitor Center」や、1,000人を収容できる劇場「Steve Jobs Theater」が存在する。

2018年に引き続き、イベントが開催されたのは「Steve Jobs Theater」。イベント開始時間は現地時間の10時だったが、開始前から世界各国のメディアというメディアが集結し、世界に向けてAppleイベントの熱狂をリポートしていた。

発表後はタッチ&トライ 

地下一階にある「Steve Jobs Theater」でのキーノートでは新たなハードウェアが複数と一部の新たなソフトウェアの発表。その後は立て続けに新製品のタッチ&トライが行われ、注目の新機能をその手で確かめることができた。

タッチ&トライの会場には、Appleのティム・クックCEOもそこらへんを歩いているなど、Appleが力を入れていることがわかる。

なお、「Apple Park Visitor Center」は普段も一般向けに開放されてい流ので、アメリカを訪れた際はApple Parkに行けば、イノベーションの風を感じることができるかも……?


CREDIT
Videographer/Writer/Curator:Masaaki Ishino
SNS:にしまりTomohiro Machida


Masaaki Ishino
bouncy編集部ディレクター

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP