bouncy
ABOUT US
Culture

国内初!DJI 公認の屋内ドローン飛行施設がオープン

世界中のメーカーから次々に新たなプロダクトが発表され、注目度が高まるドローン。飛行やレースを趣味として楽しむ人から、迫力ある空撮映像を撮るツールとして利用する映像クリエーターまで、その利用者は急増する一方だ。

10月21日にオープン

多方面で注目されるドローンの中でも、圧倒的なシェアを誇る人気のメーカー「DJI」は10月21日、東京江戸川区に「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」をオープンした。韓国龍仁市に次ぐ世界2ヶ所目となる本施設のオープンイベントには、プロアマ問わず50名のドローンファンが集い、飛行体験を楽しんだ。

人気のドローンが並ぶショップを併設

施設の入り口近くには、ジェスチャーで操作できるミニカメラドローン「DJI SPARK」や、コンパクトで折りたたみ可能な「DJI MAVIC PRO」、旗艦シリーズである「DJI PHANTOM シリーズ」など、同社の人気機種が並ぶ。

「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」ではその場で飛行体験を出来るほか、スタッフにレクチャーを受けるなど、ドローンの未経験者にも間口を広げている。

オープンに先立ち、DJIのブランドマネージメントディレクターのMoon Tae-Hyu氏は、「ドローンを飛ばすことでユーザーの顧客体験も非常に豊かになり、ドローンを使って何が出来るかに気づいていただける可能性が増える」と語った。

規制を気にせずトレーニング

ドローン飛行をする上で気をつけなくてはならないのが飛行エリアの「規制」。飛行させる地域によっては、国土交通省への事前申請が必要なほか、都市部の人口密集地の屋外スペースでの飛行は全面的に禁止されている。

また、飛行可能エリアで事前に申請をしていたとしても、当日の天候の問題で飛行が出来ないこともあり、ドローンの撮影には導入コストが手軽な反面、多くの制限が伴う。そのため、クリエーターは短い時間でチャンスを逃さずにハイクオリティな撮影が求められ、経験を積み重ねる必要だ。

その点、屋内施設である「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」は、「規制」や「天候」を気にする心配はなく、予約をすれば誰でも飛行練習することができる。練習を積み重ねることでドローンを駆使したよりハイクオリティな撮影が実現し、ひいては、映像業界の品質向上やクリエイティブへのイノベーションなど、様々な効果が期待できるだろう。

こうした練習施設の誕生で、ドローンの活躍の場がさらに拡大し、私たちに新しい楽しみを提供してくれる存在になるはずだ。

DJI ARENA BY JDRONE TOKYO
場所:東京都葛飾区細田 3-30-13
営業時間:18:00 – 21:00 (平日)、10:00 – 21:00 (水・土・日・祝日)
電話番号:03-5876-7533

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...