bouncy
ABOUT US
Products

電池不要でペダルも楽々こげる自転車ライト「CIO」

古くから自転車のライトといえば、タイヤとの摩擦で発電する「ダイナモ式ライト」が主流だった。あまりの摩擦音のうるささと、ペダルの重さのため、最近では電池式のライトを使用する人が増えてきている。しかし電池式のライトも完璧ではなく、電池が切れてしまってはどうしようもない。

そこで紹介したいのは、デンマークで誕生した快適な自転車ライト「CIO」だ。摩擦も電池も不要なというその仕組みとは。

電池や摩擦を使わない発電方法とは

摩擦も電池も不要にも関わらずライトが点灯する「CIO」。では一体どのような仕組みで発電するのだろうか。

「CIO」の発電には「磁力」が活用されている。具体的には、自転車のスポーク(タイヤの中心から放射状に伸びている部分)に小さなマグネットを取り付け、フレームに本体を取り付けることで、ホイールの回転により磁石が本体の脇を通過する度に磁力でモーターを回転。発電が可能となる仕組みだ。

電源スイッチが存在せず、昼夜問わずタイヤが回転する限りライトを点灯させることができる。また信号待ちでタイヤの回転が止まる場面でも、バックアップシステムのおかげで2分間は自動的にライトが点くので安心。

簡単取り付けで工具の準備不要

シンプルなデザインな「CIO」は、フレームへの取り付け方法もシンプルで、必要なツールも付属されてくるので楽ちん。取り外しも簡単なので、気軽にテールライトとして後輪のフレームへの付け替えも可能。

また使われているワイヤーは、コーティングされたステンレススチールでできており、破損や盗難の危険性を最小限に抑えてくれるだろう。もちろん防水機能付きで、堅牢。天候に左右されることなく、安定的なパフォーマンスを期待できるという。

強力なライトで命を守る

サイクリストの命を守る大切なライトとして「CIO」は、頼れる存在だ。なぜなら搭載されているのはハイパワーLEDライトで、300メートル以上先からもその光を確認することができるからだ。

また落下などの衝撃にも耐えうるよう本体の素材にこだわり、悪天候や強い日差しでも問題ない仕様だ。

・ ・ ・

電池を必要としない「CIO」は、環境に優しい発電方法を採用し、エコな自転車ライトといえるだろう。デンマークでは圧倒的なシェアを誇り、今までに1,000万を超えるセット数を販売してきているという。クリーンエネルギーがもたらす灯りが、夜道の安全を守る日も近い?

CIO
Courtesy of Reelight

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...