bouncy
ABOUT US
Technology

孫悟空になれるかも? バランスを補助する尻尾型のウェアラブルロボット「Arque」

年齢とともに筋肉量が下がり、バランスを取るのが難しくなる。それと同時に、ケガや事故も増えていく。そのような問題に対し、慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科のチームによって研究されたのが、尻尾型のウェアラブルロボット「Arque」。力仕事にも使える、老若男女だれでも頼れる画期的な研究だ。

タツノオトシゴの尾がモデル?

「Arque」は"タツノオトシゴ"の尻尾の骨格構造を参考にして作られている。上半身にセンサーを取り付け、その動きに応じて尻尾が上手くバランスを取る仕組み。

骨格の1つ1つは連結されており、各関節は4つのプレートとバネ、1つの椎骨で構成されている。そこに空気圧式の人工筋肉を搭載し、その力で尻尾を上手くコントロールするのだ。

腰に尻尾をつける時代が?

「Arque」はお年寄りや、力仕事の場面を手軽にサポートしてくれる。従来の外骨格デバイスは大きいものが多く、普段生活での使用は向かないものもある。しかし、今回の新しい外骨格が普及されると、従来より手軽に全身運動をサポートしてくれそうだ。

・ ・ ・

バランスを補助する尻尾型のウェアラブルロボット「Arque」。まだ研究段階ではあるが、のちに製品化されたら、何歳になっても安全に暮らせる未来がくるかもしれない。これからの発展に目が離せない。

Arque
Keio University Graduate School of Media Design.

田中 徹
大阪から東京を夢見て上京したが、絶賛現実を突きつけられている大学生新米ライター。執筆をメインにたまに動画も制作中。音楽とメディアアートに興味を持つ。ICCにたまに出没します……。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP