bouncy
ABOUT US
Transportation

未来のモビリティの姿は? 東京モーターショー2017が開幕

国内外の様々な自動車メーカーが一挙に集結し、モビリティの最先端を披露する東京モーターショー2017が、東京ビッグサイトで開幕した。

「世界を、ここから動かそう」というショーテーマのもと、自動車産業の枠を超えて、さまざまなアイディアやテクノロジーを取り入れ、「これまでのモビリティの価値を拡張していく」というビジョンを掲げ、大きく生まれ変わった本展。最先端テクノロジーと情熱が織りなす、次世代モビリティの姿に注目したい。

大手自動車メーカーが描く未来感溢れるコンセプトカーの数々

TOYOTA:「Concept-愛i」

TOYOTAはCES2017で注目を浴びた「Concept-愛i」シリーズを一挙に公開。

「Concept-愛i」

AIがドライバーを理解し、共に成長するパートナーという未来感溢れるコンセプトで織りなす次世代モビリティ「Concept-愛i」。感情から表情、好みなどドライバーのさまざまな情報をAIで学び、蓄積することでクルマがドライバーを理解。クルマと人が双方向のコミュニケーションを通し、深い関係性を構築することができる。

本展では、ハンドルの代わりにジョイスティックを搭載し、車いすの方など誰でも気軽に乗れる「Concept-愛i RIDE」も世界初公開された。

「Concept-愛i RIDE」

日産:「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」

日産はEVや自動運転など、同社が持つ様々な最先端技術を駆使した新たな取り組み「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」を具体化した車両「NISSAN IMx」を遂に世界初公開し会場を沸かせた。

「NISSAN IMx」

「Together we ride」をコンセプトに、意のままに操る喜びと、今までになかった移動の楽しさを提供し、クルマと過ごす人の生活をもっと充実したものに変える、身近で頼りになるパートナーを目指した車両。100%電気自動車かつ完全自動運転を実現し、従来の車ように「中」と「外」を明確に区切るのでなく、より開放的な空間デザインを構築するなど、あらゆる挑戦と情熱の込もった次世代のモビリティとなっている。

YAMAHA:「MOTOBOT Ver.2」

YAMAHAブースではMotoGPのトップレーサー、バレンティーノ・ロッシ選手に挑戦する、自律式ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」が展示された。前バージョンからハードウェア的な改良を加え、カーボンボディなど大幅な軽量化を行った結果、サーキット走行で200km/hオーバーを記録した本機体。本展では、ロッシ選手とのタイム計測で競った動画も遂に公開。結果はロッシ選手の勝利であったが、ロボットライダーという未知の領域で善戦した、同社の熱い想いと最先端の技術が改めて証明された。

「MOTOBOT Ver.2」

他にも、ライダーを認識し相互作用し、自立して低速走行も可能な「MOTOROiD」や、「ハーフサイズモビリティ」をコンセプトに、2輪車から発想した前後2輪の4輪LMW「MWC-4」など、YAMAHAならではの次世代二輪車の数々が注目を集めた。

LMW「MWC-4」

その他、HONDAの「Honda Sports EV Concept」や、マツダの「MAZDA KAI CONCEPT」など、日本を代表するメーカーらが、それぞれ世界初公開となるコンセプトモデルを披露し人々を驚かせた。

「MAZDA KAI CONCEPT」

メルセデス・ベンツやBMWなど豪華海外メーカーも多数集結

日本メーカーだけでなく、海外メーカーも注目な本展。メルセデス・ベンツは豪華なプレゼンテーションの中、日本初公開となるEVのコンセプトモデル「Concept EQA」や、同社のシティビークルブランドsmartの「smart vision EQ fortwo」を披露。他にもBMWやAudi、フォルクスワーゲンなどの大手メーカーが、最先端のモビリティの姿を日本の地で見せてくれた。

「smart vision EQ fortwo」

単なる「移動手段」という枠組みを超え、時代に合わせて人と社会と共に常に進化を続けてきたモビリティ。その歴史は、人々の可能性を広げ、より自由な社会へ向けて新たな価値を創出してきたことを教えてくれる。

次世代のモビリティが、人々の未来を乗せて世界を「前へ」と走らせていく。

東京モーターショー2017
・会期:一般公開 2017年10月28日(土)~11月5日(日)
・会場:東京ビッグサイト

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...