bouncy
ABOUT US
Transportation

ハンズオフ運転できるだと!? 新型日産スカイラインの「プロパイロット 2.0」が未来

Sponsored
NISSAN

日産から2019年9月に登場した新型スカイラインは、「ProPILOT 2.0(プロパイロット 2.0)※1」を搭載。 「ProPILOT 2.0」は高速道路上※2で、複数車線をナビゲーションシステムと連動して、ステアリング操作、アクセル・ブレーキ操作を設定した目的地近くのICまでアシストし、さらに同一車線上でのハンズオフ機能も同時に採用した世界初※3の運転支援システムです。

ProPILOT 2.0とは?

ナビで目的地を設定すれば、ルート上にある高速道路の走行をアシストする ProPILOT 2.0。 高速道路の本線に合流すると、 ProPILOT 2.0が起動可能になり、運転の負担をぐっと軽減できるようになります。

ProPILOT 2.0の起動中は、法定速度を上限に、先行車両との車間距離を一定に保ちながら、車線中央の走行も維持してくれます。

このとき、同一車線内なら「ハンズオフドライブ」も実行可能。ただし、ドライバーが常に前方に注意をはらって、状況に応じてハンドル操作をする必要があるので、よそ見したり寝転んだりできるわけではありません。

さらに、設定速度より遅い車が前にいると、ディスプレイに追い越しの提案が表示されます。ハンドルを持ち、スイッチ操作で承認すると、前走車との速度差や周囲の車両の位置などを検知して、スムーズに追い越しします。

任意で車線変更する場合には、ハンドルに手を添えてウインカーレバーをいれるだけ。隣の車線への移動をスムーズにアシストしてくれます。ナビで設定したルート上の高速道路の出口に近づくと、分岐へ進路変更を提案。ハンドルに手を添えてスイッチ操作で承認すると、分岐への移動まで運転がアシストされ、その後はハンドル制御が解除されます。

3D高精度地図データを採用

ProPILOT 2.0が運転をアシストしている間、ハンドル制御や、速度制御などをシステムが行うことになります。

「3D高精度地図データ」を採用したことで、これらの制御が格段に向上。立体的に道路形状を把握することで、分岐や出口を考慮して、レーンごとの走行ルートまで考えてくれます。

合計24個のカメラやソナーによる「360°センシング」と「3D高精度地図データ」で、まるでレールの上に乗っているような安定した走行、スムーズな車線変更を実現しています。

なお、360°センシングの状況や、プロパイロット 2.0の作動状態、車線変更の提案やハンズオフの可否などは、カラーグラフィックでわかりやすく7インチの大画面に表示されます。

カラーヘッドアップディスプレイでもプロパイロット 2.0の運転状況を表示されるため、少ない視線移動で安全に運転可能です。

・ ・ ・

高速道路の運転の負担を減らしてくれる新型スカイライン。未来の自動運転につながるドライブを体験してみては?

※1 プロパイロット 2.0は自動で運転する装置ではありません。ドライバーは周囲の状況や車両の動作に常に注意し、確実にハンドル、ブレーキ、アクセルを操作し、安全な運転を行う責任があります。また、プロパイロット 2.0は、側方にいる車両に反応しません。
合流部、カーブを走行するとき、また大型車両が隣の車線を走行しているときは特に周辺車両に注意し、必要に応じてハンドル操作をしてください。
ドライバーが常に前方に注意して道路、交通、自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる運転支援システムです。また、プロパイロット 2.0は、法定速度までしか作動しません。
対面通行路、トンネル内、カーブ路、 料金所・合流地点及びその手前などでは、ハンズオフできません。
ハンズオフができない区間に入るときにはシステムが事前にドライバーに報知するので、ドライバーはハンドル操作をする必要があります。
※2 高速自動車国道法の定める高速自動車国道、及び、道路法の定める自動車専用道路。
※3 高精度地図データを活用した、高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線でのハンズオフ機能の採用が世界初(2019年5月日産調べ)

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

PICK UP