bouncy
ABOUT US
Products

壁面収納できるダイニングテーブル「SnapJack」

食事をしたり、読書をしたり、家の中心となり大きな存在感を放つダイニングテーブル。しかし近年、都市部への人口集中問題が深刻になり、居住空間に十分な余裕を持つことができなくなっている。

そんな状況でも立派なダイニングテーブルを持ちたい人にオススメな、壁に収納可能なダイニングテーブル「SnapJack」を紹介しよう。

簡単な展開方法

ニュージーランドの企業により開発された「SnapJack」は、壁のスペースを有効活用してダイニングテーブルと椅子を収納してしまう、現在特許出願中のダイニングシステムである。

壁にフレームを取り付けるだけで簡単に設置可能。子どもも安全にお手伝いができる展開方法は、まず壁に収納されたダイニングテーブルの脚を広げる。そしてテーブル全体を留めている上2つのマグネット安全ラッチを外し、テーブルを展開。するとテーブルの裏側には4脚の椅子もマグネットにより収納されているので、それらを全て展開すれば、立派なダイニングテーブルセットの完成だ。

使用後は展開方法の巻き戻しのような手順をふめばOK。椅子もテーブルも簡単に元通りに収納することが可能。収納時は、マグネットの安全ラッチをしっかりと留めることに気を付けたい。

気になる強度

壁面に収納でき、とても便利な「SnapJack」だが、その頑丈さはどうだろうか。

まず、ダイニングテーブル。「SnapJack」の早い段階のプロトタイプですでに84キロの耐荷重量を誇っており、食事をしたり、たくさんのモノをテーブルに乗せても問題ないだろう。

そして椅子は、丈夫で子どもにも安全な椅子だという。椅子の座面の厚さはわずか2.7センチにも関わらず、その耐荷重量は100キロ以上(時折使用)、90キロ(長時間に渡る使用)だ。実際に175キロの男性が座っても、まったく問題なかったという。

このことから、テーブル・椅子共に堅牢なつくりであることが分かるだろう。

アート作品としての一面もあり

「SnapJack」はシンプルなナチュラルバーチ仕上げの他に、グラフィティアーティストであるFLOXとコラボタイプも用意している。

これはテーブルが壁面に収納されている際、鳥や花が色鮮やかに描かれた壁画が現れるとのこと。お部屋一体を明るい雰囲気にしてくれる作品で、テーブルを展開した際にも脚にデザインが残り、オシャレなテーブルとなるだろう。「SnapJack」は便利な収納家具のみならず、インテリアとしても大活躍するはずだ。

・ ・ ・

まさに“空間の贈り物”というべきダイニングテーブル「SnapJack」。収納可能で決して簡易的ではない本格的なダイニングテーブルをお探しの方にピッタリのアイテムだ。

SnapJack
Courtesy of Living With Jack

あなたにオススメ

RECOMMEND

FEATURED

PICK UP

NEW ARTICLES