bouncy
ABOUT US
Technology

飛行機vsロボットの綱引き対決に勝利した!小さくても怪力な四足歩行ロボット「HyQReal」

犬のような見た目の四足歩行ロボットは近年増えつつある。そんな中、驚異の怪力を発揮して見せたのが「HyQReal」。3.3トンの小型飛行機を引っ張るという驚きのパフォーマンスをやってみせた。救助現場などでの、人力では解決不可能な場面で力を発揮してくれそうだ。

どんな場所でも対応できる耐久性

イタリア技術研究所(IIT)が今年発表した小型四足歩行ロボット「HyQReal」は、長さ1.33m、高さ90cmとコンパクトながら、重さはなんと130kg。人力で持ち運ぶにはかなり苦労しそうだが、飛行機を引っ張るほどの力が出せると思うと納得の重さだろう。

IITのロボット研究チームは、火事、地震、人間にとって危険な場所などを、しっかりと任せられるロボットを作ったとのこと。表面はアルミやプラスチック、ケブラー繊維などで、さらに防水防塵仕様と、堅牢に作られている。

・ ・ ・

かわいい見た目とは違い、怪力を持ち合わせている四足歩行ロボット「HyQReal」。実用化にはまだまだ課題がありそうだが、未来の救助現場を担うクールなロボットになってくれそうだ。

HyQReal
Istituto Italiano di Tecnologia

田中 徹
大阪から東京を夢見て上京したが、絶賛現実を突きつけられている大学生新米ライター。執筆をメインにたまに動画も制作中。音楽とメディアアートに興味を持つ。ICCにたまに出没します……。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP