bouncy
ABOUT US
Technology

ついに仏の道が見えた! 住職の思ひが詰まった極楽浄土ARは、法事革命だった

「法事の時の住職のありがたい話」と聞いて連想するのは「眠い」「足のしびれ」「退屈」という言葉しかなかったが、法話がエキサイティングに聞けるファンタスティックな体験ができた。

iPadを本堂にかざすと、さまざまなモチーフの物語が墨絵タッチのグラフィックで、現実世界に出現する「極楽浄土AR」。それは、新潟県にあった。400年の歴史を誇る浄土真宗本願寺派の、極楽寺19代目住職の麻田弘潤氏の監修の元で、クリエイター集団ビービーメディアが、制作したデジタルコンテンツ。

やりがいのある法事を…

「極楽浄土AR」の発案者である麻田住職からお話を伺うことができた。

ーーー「極楽浄土AR」の経緯を教えてください
麻田:長年やってきた法要のスタイルをやっていく中で、どうも檀家とうまくコミュニケーションが取れていない気がした。法事自体、檀家さんがやりたくてやっているというよりも、こなしている状態になっていた。

麻田:僕らも、こう決まってるからこうやらなきゃいけない、みたいなものがすごく強い感じがして、せっかく忙しい大人たちがわざわざ時間を合わせて集まっているのに、あまりに満足感がない。もっと故人をいつくしんだり、仏教を身近に感じてもらえるような時間を作りたかった。「やった甲斐のある法事」にしたかったんです。それでたどり着いたのがARだったんです。

構想から1年で実現

極楽浄土ARは、地域のお寺のあり方を模索し続け、さまざまな新しい試みにチャレンジしてきた極楽寺・麻田住職監修の元、新世代のクリエーターとのコラボレーションで制作された。

テクニカル開発をビービーメディア、クリエイティブディレクションを菊地あかね、コンテンツ内の墨絵をアーティストの谷村紀明、仏具(iPad)ケースのデザインをプロダクトデザイナーの大村卓、ケース制作は鈴木直人が担当。


体験した感想は?

5月9日、極楽寺で「極楽浄土AR」の体験会が開かれ、初めて体験した方々の感想を聞いた。

昨日まさに、ここで母の法事をさせてもらったんですけど、楽しかったっていうとヘンなんですけど、すごく盛り上がって楽しい法事ができました。亡くなった母の思い出を話したり、ARをみながら住職から仏様の世界をARをみながら聞いたりできて、すごく有意義でした。ARってゲームとかでしか使わないような、縁の遠いものだと思ってましたけど、これはいい使い方ですね。


iPad向けたり、カメラ向けたりすること自体が初めての体験でした。堅くて、遠い存在だった、お釈迦様にもっと近づいていいんだなと思いました。心理的な壁もなくなりました。

・ ・ ・

子供がじっとiPadを見ながら住職の話を楽しそうに聞いている姿を見て、これは法事の革命だと感じた。僕の「人生における10ある大きな苦痛」の中の一つが解消された。

浮かび上がる仏や龍、天女や親鸞聖人を見て法話を楽しめるのは、東京からほんの2時間ほどで到着する新潟県小千谷市の極楽寺だけ。是非一度、法事の革命を体験しにきてみては?

Masaaki Ishino
bouncy編集部ディレクター

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP