bouncy
ABOUT US
Technology

天然素材で聴く高品質の音楽「Konohazuk H3」

音楽を楽しむヘッドホンがどんどん進化を遂げる中、素材にこだわりがつまったヘッドホン「Konohazuk H3」が登場した。天然素材が使われたこのヘッドホンは、耳にも目にも心地よいアイテムだ。

ひとつひとつ丁寧に作られたイヤホン

「Konohazuk H3」のボディ全体には、昔から音楽と密接な関係である“木”が使われている。他のイヤホンとは一線を画す「Konohazuk H3」の独特なデザイン性は、岩手県産のブナ材により成り立っているのだ。

頭にかかるバンドはブナ材を薄く貼り合わせて合板にし、それを特殊な工法で曲げることで側圧を生んでいるという。またハウジングと呼ばれる耳にのせる部分は、無垢材からまるごと削り出し、その後職人の手でひとつひとつ丁寧に磨かれて完成するとのこと。

木目や色はひとつとして同じものはなく、天然素材の魅力である唯一無二の風合いを楽しむことができる。また手触りも木のぬくもりを感じ心地よく、香りも自然のよい香りがする。使いこむことで変化する風合いも楽しめるだろう。

科学的にも証明された木の音響効果

「Konohazuk H3」は、もちろん見た目だけではなく肝心の音響にも高い品質が期待できるイヤホンだ。

なぜならば、木は打楽器をはじめ、ヴァイオリンやピアノなど、様々な楽器の素材として古くから使われてきたのだ。さらに、オーディオスピーカーやコンサートホールの反響板も、その多くは木で作られている。また科学的に見ても、木が持つ音の反射率や減衰率がそれらに適していることがわかっている。そのため、木をふんだんに使った「Konohazuk H3」は、木ならではの高品質な音質が実現できるのだ。

さらに、直径40mmの高品質ドライバーユニット採用され、これが無垢材削り出しの重厚なハウジングを鳴らしているとのこと。チューニングには数々の国産ヘッドホンを設計してきたアツデン株式会社の熟練エンジニアを起用。木ならではの音楽的な鳴りを引き出すアコースティックなサウンドが実現している。

長時間つけても痛くない設計

ヘッドホンにとって大切な要素の一つである、装着感。長時間装着しても疲れにくい快適な装着感を実現するため「Konohazuk H3」では、様々な頭の大きさや耳の傾きに柔軟に追従する独自ジョイント機構を採用。

また成型合板でできたバンドは必要十分な側圧を実現しつつも、しばらく装着しているうちに程よく馴染む性質も持ち合わせているという。耳に直接当たる柔らかいオンイヤータイプのパッドの存在もあり、長時間のリスニングで耳が痛くなることはないとのことだ。

・ ・ ・

木材の有効活用は、森林の保全にも役立つ。さらに、「Konohazuk H3」の売上金の一部は森林保全団体more trees(モア・トゥリーズ)に寄付されるという。

そんな環境にもやさしい「Konohazuk H3」で、木のぬくもりと共に、高品質の音楽を楽しめそうだ。

Konohazuk
Courtesy of 合同会社コノハズク

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...