bouncy
ABOUT US
Transportation

窓もドアもなし? 街中のチョイ乗りに最適な2人乗りの三輪小型EV「Arcimoto FUV」

アメリカのスタートアップArcimotoが開発した「Fun Utility Vehicle (FUV)」。2人乗りで、標準装備ではドアも窓もなく、タイヤは四輪ではなく三輪という、バギーのような小型EVとして注目を集めています。

通勤通学からラストワンマイルまで

複数モデルの三輪EVをラインナップするArcimoto。スタンダードな「FUV」は、運転席の左右にドアのない開放的すぎるデザインもありますが、 いろいろカスタムできるようです。最高速度128kmで走れて、航続距離はフルチャージから約112km。拡張バッテリーを使えば最大200kmまで走行できます。

価格は11,900ドル(約120万円)という値段設定も合わせて、ロングドライブを必要としない人にとっては、通勤や通学など、ちょっとした移動を手軽にこなしてくれそう。

シートベルトを着けるとはいえ、「ドアがないのは少し……」という場合は、オプションでカスタマイズすればOK。

FUVをアップグレードしたフラッグシップモデル「Evergreen Edition」もプレオーダーをスタートしています。標準でハーフドアが付いているなど、さまざまな装備を加え、価格は19,900ドル(約210万円)ほど。2019年夏ごろに登場予定です。

さらに、1人乗りにして配達BOXを後部に備えた配達車モデル「Deliverator」もラインナップ。最近流行のUber Eatsも、これがあればもっとスムーズにこなせるかもしれません。

・ ・ ・

世界各国の自動車メーカーがEVの開発を進めるなか、「ガチの自動車」ではなく、「チョイ乗りカー」として登場したArcimoto。自動車に興味がない層でも、「毎日の足」としてなら、需要はあるかもしれませんね。とにもかくにも、一度乗ってみたい……。

Arcimoto FUV
Arcimoto

のだ ゆうた
ウェブメディアに潜伏してはや6年。休日はゲームの世界とお酒に溺れ、サウナとネコを愛する。狩猟免許を持っているが、狩猟経験はないペーパー猟師。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP