bouncy
ABOUT US
Technology

書いた文字をサッと拭き取れて、何度でも書けるノート「nuka ETERNAL STATIONERY」

まるでホワイトボード。

ウクライナを拠点に活動するデザインチームnukaが開発した「nuka ETERNAL STATIONERY」は、特殊な素材のページで出来たノートと金属ペンのステーショナリー。

nukaの金属ペンを使うことで、ページとの化学反応で文字などを書くことができるので、鉛筆やボールペンと違って、何かを消費しながら書く必要がないのだ。

書いた文字は専用の液体をかけて、拭き取ることができるので、まさにエターナルなステーショナリーになっている。

ページは防水素材なので、書いたメモ書きが滲む心配もなし。金属ペン以外で書いた情報は消しゴムなどで普通に消せる。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。1セット59ドル(約6,400円)+送料から入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年11月に発送される。

アプリを使ってメモを電子化できる

ノートは3つのレイアウトに別れており、アプリがページを認識しやすいようにドットが描かれた、メモ書きやスケッチ向けのレイアウト、TO-DOリスト向けのレイアウト、曜日がかかれた予定表向けのレイアウトがある。

アプリ上で仮想的なノートブックを作成できるので、「仕事」「アイデア」「イラスト」とページに書いたものでカテゴライズできる。予定表はスキャンすると、そのままアプリのカレンダーに反映してくれるようだ。

・ ・ ・

未来の文房具に鉛筆やボールペンはなくなってるかも?

Tomohiro Machida

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP