bouncy
ABOUT US
Technology

WWDC 2019を1分動画でまとめ!

WWDC 2019が開催され、基調講演で数多くの発表があった。
概要を動画でまとめたが、主だった情報としては以下の通り。

・iPad専用のOS「iPadOS」
ファイル操作などがよりパソコンに近く。iPadを仕事のメインで使うことができるようになるかも?

・macOS「Catalina」
iTunesが「Music」「Podcast」「Apple TV」の3つに分割される。他iPadをサブディプレイにしたり、音声コントロールでほとんどの作業ができるようになるなど。

・iOS13
速度が改善され、一部ゲームで出ていたカクカク問題も解消?
ダークモード搭載。Memojiのカスタマイズ性がさらにアップなど。
また、「Sign In with Apple」が発表。Face IDやランダムリレー電子メールアドレスなど、かなりセキュアなサインイン方式が提供されそう。

・watchOS 6
専用のApp Storeが追加。WatchFaceのバリエーションも豊富に。

・tvOS 13
マルチユーザー対応、XboxやPS4など専用ゲーム機のコントローラー対応など。
また、Apple TV+向けの、Apple初のオリジナル番組「ALL FOR MANKIND」の予告編も上映された。ソ連が月面に先に降り立って……という内容らしい。

・Mac Pro
メモリ1.5Tというプロ向けMac。

・開発者ツール
ARKit3はARアプリ開発用、SwiftUIはMacやiPhone、iPadなど複数のApple製品のに対応するUIフレームワーク。Project CatalystはiPadアプリからMacアプリの作成をサポート。

Appleは、流行を取り入れつつ、ユーザーにはデバイスごとのUXを提供し、開発者には複数のデバイス用ソフトウェアを一括で作りやすくしているように見えた。またセキュリティやアクセスビリティにはかなり力を入れるようだ。同社の未来の方向性が垣間見えるWWDCだった。

WWDC 2019
Apple

Ichiru Kiyota
企画屋。ココログ、zenback、ドーナッツ!、Shortnoteなどのサービス立ち上げ、bouncy初代編集/編集長、ギズモード初代編集/編集長など、多数のサービスやメディアの企画運営をおこなってきた。個人ブログは小鳥ピヨピヨ(アルファブロガー・アワードなど、数度の受賞歴有り)。趣味はダンス。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP