bouncy
ABOUT US
Culture

スマホアプリで楽曲制作。無料で使える機能だけでテクノ作ります(その3)【動画コラム】

どうも、DJのSAKIKO OSAWAです。

前回、前々回に引き続き、Medlyを使って楽曲制作の続きです。

【全3回リンク】
スマホアプリで楽曲制作。無料で使える機能だけでテクノ作ります(その1)
スマホアプリで楽曲制作。無料で使える機能だけでテクノ作ります(その2)
スマホアプリで楽曲制作。無料で使える機能だけでテクノ作ります(その3)

今回でMedlyは最後(?)。アプリのエフェクトで面白いものがあったので、上級者向けに、エフェクトのかっこいいかけ方をご説明させていただきます。

Medlyの中でエフェクトは、"オートメーション"という項目を表示することで操作することができます。

オートメーションって、通常のDTMのソフトでもよく出てきます。どんなものかといいますと、任意のエフェクトの任意のパラメータの(例:ボリュームをだんだん時系列に沿って自動的に上げていきたい)、開始地点のボリューム値と終始地点のボリューム値をタイムラインに入れておくと、タイミングになった時に、入れた通りにパラメータの数値が変わるというものです。

映像編集でいうところのキーフレームと、考え方は一緒です。

Medlyでは、エフェクトをかけたいクリップをダブルタップして、右上の歯車マークを押すと、”オートメーション”の項目があります。これを「表示」にすると、エフェクトのさまざまなオートメーションを書くことができます。

Medlyでオートメーションで操作できるのは以下の7つです。
・音量
・パン
・エコー
・リバーブ
・ダッカー
・高低
・ピッチ

オートメーションの黄色いバーをタップすると編集ポイントが出てきますので、それでカーブを描くことで、時系列に合わせてパラメータの制御ができます。
ポイントはダブルタップで消すことができます。

今回の動画では「ダッカー」について重点的にお伝えせせていただいていますので、ぜひご覧ください。
ダッカーは(音楽制作している人は「サイドチェーン」というワードをよく耳にすると思います)、ビートのキックなどをトリガーに音の強弱を制御する感じのことができます。

特に長尺の音を打ち込んだ時に、ちょっとキックと被っちゃうなぁ〜って思ったり、音にアクセントを加えたい時、有効に活用できると思います。
うわんうわんいって面白いですよ。

Medlyは無料のアプリですが、これらの機能を組み合わせると、十分かっこいい楽曲がつくれそうですので、ぜひみなさまもトライしてみてくださいませ。

6月もDJさせていただくパーティー様々ございますので、ここでパーティーインフォです。
是非是非おたちよりくださいませ。

SAKIKO OSAWA DJ SCHEDULE

2019/06/07/FRI
Conductor feat. HOT SINCE 82 (4hrs set) at SOUND MUSEUM VISION

2019/06/08/SAT
Thomas Von Party at bonobo

2019/06/13/THU
CHARM Vol.8 (13th, Jun. 2019 Thu) at Shibuya CLUB BALL

2019/06/14/FRI
ALIVE Presents Weaves feat. DOSEM x KEN ISHII -NEO TOKYO Night- at Sound Museum Vision Tokyo

sakiko osawa

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP