bouncy
ABOUT US
Products

挙動が超本物っぽい。1:43スケールのミニチュアレーシングカー「DR!FT」

ドイツのSTURMKIND社が開発した、1:43スケールのミニチュアレーシングカー「DR!FT」。最大の特徴は、同社独自のテクノロジーによって、濡れた路面での走行など、さまざまな運転状況をシミュレーションできること。

RCカーのように最高速からピタッと止まれるわけではなく、しっかりと制動距離が求められるリアルさがある。

DR!FTにはアンダーセンサーが内蔵されており、付属の「Start-Finish-Line」テープを通り過ぎると、そのときのタイムをアプリに送信してくれる。レースやタイムアタックなど、さまざまな勝負を楽しめそうだ。

スマートフォンとBluetoothで連携する仕組みで、専用アプリでステアリング、スロットル、ブレーキ、ハンドブレーキなどを操作できる。また、エンジンもV8、V12と変更できるこだわりようだ。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。一台149ユーロ(約18,000円)+送料から入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年10月から発送される。

モデルは、モデルはBMW E30 M3やMercedes 190 Evo 2がラインナップされている。

DR!FT
Sturmkind

Tomohiro Machida

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP