bouncy
ABOUT US
Social Good

人に怯えた犬を子供の声で救える?保護犬に本の読み聞かせをするプログラム

保健所にいる犬達は、一度人間に捨てられしまったという恐怖心で人と上手く接することができない。

そんな繊細な保護犬達を無理に人と接しようとすると犬は怯え、ストレスさえ与えてしまう。

保護犬がもっと安心して人と触れ合う機会を与えたいとはじまった「Shelter Buddies Reading Program」は6歳から15歳までの子供を対象にした本の読み聞かせをするプログラムだ。

子供は朗読することで本を読むことに自信をつけることができ、保護犬は子供達の声に安心し、人に対する恐怖心を軽減することができるという画期的な試み。

10時間のトレーニングを受ける

保護犬達は繊細の感情を持っている。なので、子供達が突発的な行動を起こさぬよう、犬の気持ちを知るためにも大切な犬のボディーランゲージ講座の受講が必須。

10時間のトレーニングを受けたのち、子供達は保護犬のケージのガラス越しの前で本を読み聞かせができるようになる。

このプログラムをして変わったことは?

プログラムを受けた子供達は、動物に対する関心を持ち、命の大切さを学ぶきっかけにもなった。

そして、保護犬達は人に慣れ落ち着きを身につけたことで生涯の大切な家族を見つけることもできたという。

・ ・ ・

こうした試みは犬と子供の両者の未来に希望の光を与えてくれそう。

Shelter Buddies Reading Program
Humane Society of Missouri

にしまり
bouncyのSNS投稿ハンター。趣味は愛犬2匹(ポメラニアンとポメキー)と戯れること。

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP