bouncy
ABOUT US
Transportation

前後輪の切り替えができる自転車「MC² TRANSFORMING BIKE」

人々の「モビリティ」に対する期待が高まる中、また新たにユニークな自転車「MC² TRANSFORMING BIKE」が誕生した。シンガポールの企業により開発されたこの自転車は、なんと前輪と後輪を切り替えて走行できるという。

選べる走行モードと折り畳み機能

今までになく斬新な自転車「MC² TRANSFORMING BIKE」は、前輪と後輪でタイヤの大きさが異なるため自由自在に自転車を様々な走行モードに変更することができる。

前後輪の切り替えで選べる走行モードは以下の通り。

Sport modes

前輪は小さいタイヤ、後輪は大きいタイヤ(後輪駆動)での走行。

Cruiser mode

前輪は大きいタイヤ、後輪は小さいタイヤ(前輪駆動)での走行。

着脱可能なサドル・ハンドルと可動式フレームを採用することで、前後輪の切り替えを可能としている。

また、工具なしで折りたたむことができ、押し車のように快適に持ち運び可能なので、車などに積んで現地での移動手段としても重宝しそうだ。狭い駐輪スペースでも対応できる点もうれしい。

チェーンレスやギアなど盛りだくさんの機能

「MC² TRANSFORMING BIKE」の大きな特長の一つに、特許を取得している同社独自のチェーンレス駆動システムにより、自転車には必要不可欠だと思われていたチェーンがないことが挙げられる。

チェーンが無いことで、メンテナンスの手間が大幅に削減でき、チェーンが外れてしまったり、洋服が汚れてしまったりする心配がなくなった。チェーンレスでの走行は、従来の自転車よりも快適な予感。

より快適な走行を実現するため、「MC² TRANSFORMING BIKE」には2段階のギアが搭載されている。上り坂用と平面での走行用だ。この2つのギアで、日常使いには十分事が足りるとのこと。

他にも「MC² TRANSFORMING BIKE」には、サドルにジョイントを追加することで背もたれが出現する。これにより、“リカンベント”とよばれるサドルの代わりになる背もたれ付きのシートを楽しむことができるのだ。乗る人に合わせて、各ジョイントの角度を微調節することが可能で、快適な乗り心地を得られるだろう。

さらに「MC²Gym Kit」を使用すれば、屋外での使用だけではなく、屋内で「MC² TRANSFORMING BIKE」の乗り心地を楽しむことができるという。雨の日や外に出るには寒すぎる日など、屋外の状況に関係なく、ペダルをこいでサイクリング気分が味わえるだろう。ちょっとしたトレーニングにもよいかもしれない。

・ ・ ・

自転車をこよなく愛し、人々の注目を集めたいと願う人々が開発した「MC² TRANSFORMING BIKE」。いつもの自転車に飽きたという人や、他の人とは被りたくない人にオススメの自転車だ。

MC² TRANSFORMING BIKE
Courtesy of MC2

bouncy編集部
未来を感じるテクノロジーやプロダクト、世の中を良くするためのアイデア。クリエイティビティあふれるカルチャーなど、国内外の「Wow!」な話題を動画でお届け。

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...