bouncy
ABOUT US
Social Good

ペットボトルに教わる命の助け方。人が目の前で倒れたらあなたは対処できますか?「CPRトレーニングボトル」

目の前で人が倒れる……脈がない。

「あなたはそんな時に、自信を持って救命措置が行えますか?」

日本では毎日200人程が心停止によって、この世を去っている。

「突然倒れた人の周りに正しい救命措置を行える人がいれば、この数字を減らせるかもしれない」

そんな想いを抱き活動するのは、日本の一般社団法人ファストエイド。開発したのは、老若男女問わず誰でも3STEPで救命措置のトレーニングができる「CPRトレーニングボトル」だ。

現在Readyforでクラウドファウンディングを実施中、3,900円から支援することができる。

目の前で倒れる人に対し私達は咄嗟に動けるか?

目の前で人が倒れたら、まずは救急車を呼ぶ。

その後、私たちがすべきことはCRP(心臓マッサージ)だ。心停止した人に対しCRPを行えば、救命率は2.5倍上昇する。

しかし、筆者を含め多くの人には自信がないのではないだろうか?記憶にあるCRPの訓練は学生時代に通った自動車教習での授業ぐらい。圧倒的に経験が足りていない。

実際に、CRPに自信がない人は全体の57.3%にものぼるという。

トレーニングをしようにもどこでやるのか、場所も分からないのが現状だ。「CPRトレーニングボトル」はそれを変えてくれる。

手軽に楽しくトレーニングできる「CPRトレーニングボトル」

「CPRトレーニングボトル」は簡単に、そして手軽にCPRのトレーニングが行える。

必要なものはたったの3つだ。
ペットボトル・専用シート、そして”人を助けたい”という気持ちさえあればいい。

「CPRトレーニングボトル」の使い方

水を飲みほしたペットボトルのキャップを閉め、ハートのマークの模様がぴったり合うようシートにセット。

もう1人の助っ人を呼び、しっかりとペットボトルを抑えてもらう。

音楽に合わせテンポ良く2分間トレーニングを行うことで、CRPの本格的な訓練が可能だ。

元救命隊員監修の下、効果を実証済み

元救命隊員監修の下、モーションキャプチャーと荷重計を使用した実験で、訓練用人形と同じ効果を得られることが実証されている。
たかがペットボトル、されどペットボトルだ。

ファストエイドでは、この一連のトレーニングを教える講習会を開催している。リズムに合わせてトレーニングするのは楽しく感じる人も多く、講習会には笑顔が溢れているそうだ。

興味のある人は参加してみてはいかがだろうか?

・ ・ ・

たった1つのペットボトルに教わる救命トレーニング。

材料はどれも軽いため、家に持ち帰り家族にも教えることができる。

突発的な事故に誰もが対応できる、人に優しい未来はすぐそこまで来ているのかもしれない。

菊丸くん
YouTubeをみるのが大好きな人。動画編集をメインにライターとしても奮闘中!最近闇金ウシジマくんを読んで、借金の怖さにびびっている。ポートフォリオ

無料メールマガジン配信中

最新情報をもれなくキャッチ!

登録はこちら

あなたにオススメ

RECOMMEND

PICK UP