bouncy
ABOUT US
Art

六本木の街をアートで彩る一夜限りのイベント「六本木アートナイト2017」

9月30日(土)10:00から10月1日(日)18:00まで、2日間に渡り東京・六本木で「六本木アートナイト2017」が開催される。

「六本木アートナイト」は、六本木の街なかや商業施設・美術館などの文化施設を横断して映像・音楽・舞台・インスタレーションなど先端的なアート作品を展開するイベント。

Photo by Mika Ninagawa

テーマは「未来ノマツリ」

2009年に始まり8回目を迎える今年のテーマは「未来ノマツリ」。毎年50万人以上が訪れるイベントだけに、より大勢の人が楽しんでもらえる「祭」にしたいという思いが込められているという。

芸術監督に蜷川実花氏が就任

今年のメインプログラム・アーティストには、写真家・映画監督の蜷川実花氏を迎えた。開催に先立ち、いくつかの作品が紹介されたプレスプレビューでは、同氏のインスタレーション作品「Tokyo Followers 1」の一部を披露。東洋と西洋の様々なモチーフが混ざり合う万華鏡のような極彩色の世界観が、独自の感性で描かれていた。

メインプログラム・アーティスト 蜷川実花氏

今回が初出展という蜷川氏にアートナイトへの思いと作品のテーマを聞いた。

世界観を形にすることが大事

ーー六本木アートナイトに出展が決まったときの気持ちは?

蜷川:すごく嬉しかったんですが、ずっと出たかったので。一方で今回はインスタレーションを制作することになり、さてどうしようと戸惑いました。そもそも私は写真家で立体物を作る作家ではありません。どうやって空間をつくるか悩んでしまったんです。

ーー完成度は?

蜷川:紙の上で想像していたのが具体化するとすごく強い。実際に物を使ったり中に入れたりという物理的な強さをあらためて体感しました。

最近になって私を知ってくださった方に「蜷川さん写真も撮るんだね」と立て続けに言われて、振り返ってみたら写真以外も色々と作品を作っていて、これからは自分の世界観を発表することが大事だと考えるきっかけになった作品です。

蜷川実花氏「Tokyo Followers 1」

作品の中で写真を撮ってSNSにアップしてほしい

ーー作品をどのように楽しんでもらいたい?
蜷川:私が普段撮影で使っている小道具やよく使うものをセットしてあって、私の作品の中に入れるというコンセプトの元に作っています。

この作品の中で写真を撮ってSNSで発表していただけると作り手と受け手が混在していっておもしろくなると思っています。
ぜひどんどん自分が主人公になって写真を撮り、SNSにあげてみてください。

・・・

「六本木アートナイト」は、美術館で静かに鑑賞するスタイルのアートとは異なる、祭のように気軽にわいわい楽しむイベントになりそうだ。ひと味違った芸術の秋を堪能してみては?

六本木アートナイト2017
開催期間/2017年9月30日(土)〜10月1日(日)
開催場所/六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、六本木地区の協力施設や公共スペース
料金/無料(一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...