bouncy
ABOUT US
Culture

プロダクト支援プログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」発表展示会レポート

DMM.comが運営する、東京・秋葉原にあるスタートアップ向け総合開発支援施設「DMM.make AKIBA」。9月26日(火)にこの場所でプロダクト支援プログラムの成果発表会「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」が開催された。
 

「DMM.make AKIBAOpen Challenge 2」は、スタートアップを企業がサポートすることで、応募チームが提案するプロダクトのプロトタイプや、ビジネス設計を3ヶ月かけてブラッシュアップしていく取り組み。

第一期では11組を採択し、今回は第二期として7組を採択。この日は企業とのコラボレーションによるブラッシュアップの成果を発表するとともに、投資家や事業会社とのマッチングを実施。イノベーションへの熱意に満ちた時間となった。

個性的な7組のプロダクト

第二期に採択されたプロダクトは7組。アイデアを具体化させたユニークで個性的な品々が並ぶ。

「teleporter」

遠隔の打ち合わせでもその場に本人がいるかのような会話ができるヒューマノイドロボット。対象となる人物の顔を3Dスキャンし顔を3Dプリントして作られる。搭載されたセンサーによって相手の動作を感知し、設定された自動応答を返すことができる。

「Smart Trade」

人工知能を活用した株式投資アルゴリズムのプラットフォームサービス。個人投資家は専用のスマートフォンアプリから好みの投資アルゴリズムを活用し株式投資を行うことができる。

「歯っぴ〜」

日常の歯磨きを効率化させるスマート電動歯ブラシ。歯ブラシの先端にカメラを搭載し、歯垢をモニターに表示することで、汚れをリアルタイムに表示することができる。

「はだちず」

GIS(地理情報システム)を利用してオリジナルの木製3D地図を生成するサービス。地理教材や家庭の遊具として使うことができる。

「HMD専用拡張アタッチメント」

「HTC Vive」、「Oculus Rift」、「GRAR VR」、「DayDream」に取り付け可能なHMD専用拡張アタッチメント。周辺機器を接続することでより快適なVR体験を可能にする

「Trac」

AIによるヘルス・フィットネスプラットフォーム。センサーを用いてユーザーの身体状況を計測・蓄積し、AIによる解析を加えて個々にあわせた身体改善のフィードバックを実現する。

「iGym」

スマート・パーソナルトレーニング器具。センサーにより筋力データを取得し、それをもとに個々の状態にあわせた安全性の高いトレーニングが可能。高齢者の筋力低下の予防・改善としても利用できる。

7組のプロジェクトメンバーはそれぞれ、資金と体制のサポートによって、アイデアをより具体化し、プロジェクトが大きく前進したと語り、今後の展望に意欲を燃やしていた。そして、それぞれの成果発表の後、各ブースには来場者が集い製品の詳細のデモや商談が繰り広げられていた。

スタートアップを支えるエコシステムによって、次なるイノベーションの芽が秋葉原から生まれようとしている。

DMM.make AKIBA Open Challenge 2

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...