bouncy
ABOUT US
Technology

世界初!MRで拡張するファッション展示会開催

9月30日まで、青山のBY PARCO SHOP & GALLERYで行われている「Chloma OS Umwelt」。ファッションVRショッピングサービスを提供する「Psychic VR Lab」が、ファッションレーベル「chloma」とコラボレーションし、MR(Mixed reality)を駆使して行うファッション展示販売会だ。

「MRファッション展示販売会」とは?

MR(Mixed reality)とは、複合現実と呼ばれるもので、「VR(virtual reality)」と「現実の世界」を融合させた世界のこと。現実世界の景色の中にヴァーチャルの映像が融合されるので、まるでそこにあるかのような錯覚を体験できる。

「Chloma OS Umwelt」では、マイクロソフト社のHoloLensを装着すると、目の前に「chloma」の服を着用した、実寸サイズのモデルが現れる。

 

モデルは3Dカメラで撮影したものを投影しているため360°どの角度からも見ることができる。また目の前に浮かび上がる矢印をタップすると、素早く服が変わり、値段や生地などの服に関する情報も同じ画面で見ることができる。近づけば、洋服のディティールも確認でき、まるで本物の服を見ている感覚を楽しめる。

また、HoloLensから流れる音楽や空間演出で、ブランドの世界感をより深く感じ取ることができるという。

超能力のようなことを実現できるMR

今回の「Chloma OS Umwelt」において、MRのパートを制作した「Psychic VR Lab」のメディアアーティストであるGod Scorpion氏に、MRとファッションの親和性について伺った。

 
——今回のMRファッション展示販売会について教えてください。——

God Scorpion:私は「Psychic VR Lab」で、ファッションVRサービス『STYLY』を作っていて、VRのクリエイターと、それを見る人のプラットフォームを提供しています。

今回その一貫として、2年前から共同でVRを活用した展示会などを開催しているファッションレーベル「chloma」とタッグを組み、MRを活用したファッションの展示会と販売会をやろうということで「Chloma OS Umwelt」の開催に至りました。「chloma」は「リアルとバーチャルを境なく歩く現代人のための衣服」をコンセプトにしているので、自分たちのヴィジョンに合っていました。

——ファッションとMRの相性はいいのでしょうか?——

God Scorpion:今までにできなかったことができてくると思います。例えば今回のように、実際のモデルを店舗に呼べなくても、MRでこの空間にいるように感じることができます。またユーザーが、服のどういうところを見ているかをHoloLensで録画することも可能なので、そのデータを服作りに生かすこともできます。

今回が、世界初のMRを使ったファッション展示会なので、これからこうした取り組みがどんどん増えていくと思います。

——「Chloma OS Umwelt」には、どんな人が訪れましたか?——

God Scorpion:「VR」や「MR」の開発者、テクノロジーに詳しい人はもちろん、ファッション関係者など、いろいろな業界から、未来に明るい人が来ていますね。

——「Psychic VR Lab」が持つテーマはありますか?——

God Scorpion:うちの社長は元々超能力者になりたかったらしいんですが(笑)、MRの技術も、本当はその場にいないのに、モデルを目の前に呼び出すっていう、ある種の超能力みたいなものじゃないですか?

MRは「視覚」という知覚の延長を可能にすることなので、ある意味で超能力です。そうした「超能力を実現していくこと」が、うちの会社の大きなテーマです。

・・・

ヴィジュアルテクノロジーで拡張する新たなファッション体験。あなたも味わってみては?

chloma OS Umwelt
期間:9月30日(土)まで ※木曜は休廊日
営業時間:11:00-20:00
場所:BY PARCO SHOP & GALLERY
住所:東京都港区南青山5-2-15 ヴィオレ南青山 1F

Psychic VR Lab
Chloma

FEATURED

RECOMMEND

YOU MAY ALSO LIKE...